1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

tldzkek100さん

ウォーキングの効果的な時間帯と長さ

ウォーキングでダイエット効果を得るには、どの程度の時間や距離、歩数を目安に歩けばいいか、意外と知らない人も多いのでは?ウォーキングは無理なく“続ける”ことが大事。正しい知識を持って、効果的に脂肪を燃焼し、理想の体を目指しましょう!

ウォーキングの効果は、「脂肪燃焼」「血流改善」「病気の予防」など。下半身の大きな筋肉を使うため、血流がよくなり美肌やむくみ解消、低体温改善なども期待できます。さらに、ウォーキングは「身体のパーツが痩せる」というよりは「全体的に痩せる場合」が多いです。余分な体脂肪が落ち、継続さえすればスッキリとした体型に近づく効果がありますよ。また、運動の中でも負荷が軽いのがウォーキングの特徴。継続しやすく、初心者やダイエット挫折者にとってもってこいの運動と言えるでしょう。

ウォーキングなどの有酸素運動は、開始から20分以上たつと脂肪が燃え始めるっていうのが定説でした。でも最近では、開始5分くらいからでも脂肪が燃えることがわかってきています。ただそれでも、20分以上経過したあとの方が、脂肪燃焼の効果は大きいみたいです。

いきなり1時間!とか設定してもなかなか続けられないから、まずは20分~30分ぐらいを目標にウォーキングしてみるといいんじゃないかしら。通勤、通学、買い物などの往復で、いつもより遠回りしてみたり、一駅分歩いてみたりすると、取り入れやすいし、続けやすいですよ。

ダイエット効果

ダイエットと一言でいっても、食事を制限するものや器具などを揃えて運動するものなど、幅広い種類がありますが、その中でもウォーキングはもっとも簡単で、すぐに始められる効果的なダイエット法です。

是非取り入れたいダイエット方法です。

私達が普段、意識せずに行っている「歩く」という動作は、実は有酸素運動になります。

有酸素運動とは、体内に酸素を取り入れることで脂肪燃焼効果が期待できるため、ダイエットには欠かせない方法の一つとなっています。

世の中には、数多くのダイエット方法がありますが、その中でもウォーキングダイエットは最も手軽で始めやすい部類に入るダイエット方法です。

ダイエットを始めるにあたり、特別な器具や準備の必要がなく、または運動音痴で体を動かすことが苦手という方でも難しく考えることなくできるのが、ウォーキングダイエットです。

ダイエットや健康管理を考えると、運動不足は重要な問題になることが多い要素です。そうなると、真っ先に思い浮かぶ運動に、ウォーキングが出てくるという方は少なくないでしょう。ウォーキングは、当たり前のように生活の中で行っている動きですが、少し動き方や速さなどを変えるだけで負荷調節ができる優れた運動です。
ウォーキングがおすすめな理由の一つとして、有酸素運動のため脂肪燃焼しやすいという点が挙げられます。低負荷の運動を30分程度続けることにより、身体を痛めることなく効率的なシェイプアップが期待できるのです。他にも、道具などは特に必要ないので金銭的にも優しい、通勤などのスキマ時間を活用して運動できるなどさまざまな利点があります。

体重が20代の頃に比べて15㌔太りました。これじゃイカンと思い一念発起。
ウォーキングを毎日一万歩。筋トレ、食事制限もしました。無理せず1ヶ月1㌔落としたら一年間で12㌔減ってました。
やっぱり身体を動かすのは良いことだと思いました。

好きな音楽を聴きながらウォーキングをするのがおすすめ!

継続は力なり!

歩くだけだと、修行みたいにきつく、耐えなければいけないくなるので、継続できない。だから、ただ歩くだけではなく、「やりたくてやりたくてしょうがないこと」を同時にやりながら歩く。

1