1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

めしの55さん

【国立がん研究センター】

【Yahoo!ニュース】

上記の記事は、がんにかかっていない40~69才の男女、全国約8万人を対象にストレスに関するアンケートを平均13年間行い、研究された結果、ストレスを強く、長期間に感じている男性は、そうでない男性に比べて、がんにかかるリスクが2割高まる事を発表しました。

がんの中でも肝臓がん、前立腺がんを発症する人が多く、女性はストレスとがん発症の関連は見られないと結果が出ました。ストレスが癌を引き起こすメカニズムはまだ分かっていませんが、動物実験では免疫機能の低下から、肝臓疾患を発症して発がんに至る事が報告されていて、肝臓がんは特にストレスの影響を受けやすい可能性が考えられるという事です。

≪目次≫
■なぜストレスが発がんに至るのか
 ・ストレスとは 
 ・体への影響
 ・ストレス解消法
■がん以外にもストレスが原因と言われる疾患

■他に考えられる発ガン原因

■ストレスは漢方薬でも軽減できる!?
 
■まとめ

なぜストレスが発ガンに至るのか

・ストレスとは

今の世の中、ストレスを抱えずに生活している人はいません。会社では仕事のプレッシャーや責任、上司・部下の関係、重労働や残業など肉体的な疲労、家庭では夫婦関係や親子関係、親戚付き合い、金銭的な問題では住宅ローンや日々の生活費の事など、生活を送るだけでありとあらゆるストレスが起きます。また非日常としては転勤や引っ越し、結婚などもストレスが起きる原因です。人によっては、ストレスを受けてもストレスと感じない人もいますが、季節の変わり目や朝夕の温度差が激しい時や気圧の変化、騒音、痛み・痒みなどもストレスの原因になります。

・体への影響

ストレスを受けると、身体は過緊張の状態になります。皆さんも一度は経験があるかと思いますが、人前で上がってしまった時に、肩に力が入り、顔は赤くなり、手汗・冷や汗をかいたことがあるかと思います。この時、ストレスを受けている時と同じ状態になっています。ストレスを受けると身体の中では交感神経が優位の状態が続いています。

通常、1日を通して山谷を繰り返す曲線グラフのように交感神経と副交感神経が繰り返し切り替わりながら、どちらかが優位になっています。交感神経が優位な時は仕事中や勉強中、運動中など、やる気を起こし、熱中・集中できるようにし、副交感神経が優位な時は身体は筋肉の力を緩め、リラックスし、身体はゆっくりできる状態になります。でもストレスを受け続けると、身体は交感神経が優位な状態が続き、身体が休まる副交感神経が優位になる時が少なくなります。

この状態を続けていると、自律神経は乱れ、身体のバランスを崩し、結果免疫力の低下にまで及ぶのです。

がん以外にもストレスが原因と言われる疾患

先ほども少し書きましたが、生体に何らかの刺激(ストレス)が加わると自律神経系やホルモンが働き、出来るだけその刺激を和らげるために自己防衛反応が起こります。適度なストレスは交感神経系を目覚めさせ、行動力や判断力を向上させるので良いのですが、ストレスが強すぎたり、長期間継続した場合は自己防衛反応が過剰に起こり様々な疾患を引き起こします。例えば自律神経失調症、胃潰瘍、蕁麻疹、円形脱毛症、過敏性腸症候群、メニエール病、突発性難聴などです。

他に考えられる発ガン原因

がんの原因になると言われている事は、ストレスの他、低体温・食生活(食の欧米化、加工された食品、化学薬品・化学調味料・農薬を含む食品の摂取)・汚染された空気・薬害・タバコ・紫外線・加齢など、身体にとってマイナスに働きかける物は免疫力を低下させ、結果、癌細胞が出来てしまった時に、排除できなくなることが考えられます。

ストレスは漢方薬でも軽減できる!?

ストレスを受けることで自律神経のバランスが乱れ交感神経、副交感神経のアンバランスが生じます。漢方薬の働きとして自律神経を整えることで交感神経と副交感神経のバランスが整い精神を安定させストレスの緩和にも繋がると言われています。

ご体質、ご状態にもよりますが、抗ストレス作用や精神安定などの働きとして主に
使われる漢方薬として

・加味逍遥散
・半夏厚朴湯
・天王補心丸

上記の漢方薬があります。また、ストレスによる体力の低下で使われるものとしては

・高麗紅参
・補中益気湯

上記の漢方薬が良いそうです。
(※漢方薬をご服用される際は、漢方を専門でやられている薬局または薬店にてご相談されてください。)

ストレスや自律神経が乱れている時は漢方薬も1つの改善策として取り入れても良さそうですね。

まとめ

人間の細胞は毎日37兆~60兆個生まれ変わり、その内の1億分の1個、約3700~6000個が異常細胞として生まれます。この毎日生まれる異常細胞を免疫細胞が除去・排除する事が、がんに発展しにくいと言われています。要は、いかに免疫力を高めていく事が大事かという事です。そのためには免疫力を低下させる原因、ストレスに限らず、他の原因も出来る限り避け、健康な身体で毎日を過ごしたいですね。

1