1. まとめトップ

恋人と結婚しなかった、結婚できなかった理由

「付き合うきっかけ」を友人や仕事仲間など、周囲の既婚者に聞いた聞いたときに、逆に「恋人と結婚しなかった、結婚できなかった理由」も伺ったので、そのまとめです。

更新日: 2018年03月06日

4 お気に入り 19472 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

「付き合うきっかけ」を友人や仕事仲間など、周囲の既婚者に聞いた聞いたときに、逆に「恋人と結婚しなかった、結婚できなかった理由」も伺ったので、そのまとめです。

yokohamareelさん

浮気

相手が浮気をしたので、結婚は無理だ思ったというものや、浮気を繰りかえすので浮気性だとわかったのであきらめたということも。

好きではなくなった

気持ちが冷めたり、恋愛感情が消えたというものです。
「なんだか合わないと思うようになった」ということも。
気持ちの部分はやはり大きいようです。

借金

相手に多額の借金があった、借金を隠されていた、などは、信用がなくなってしまうことも多く、難しいようです。

婚約後に借金がわかったという方もありました。

仕事・転勤

自営で地元に戻らなければいけない、相手の転勤についていけなかった、仕事の関係で自分が転勤したので別れた、など、転勤で決断をせまられることもあるようです。

「遠距離恋愛は可能だけれど、遠距離結婚はできなかった」という方もありました。

進路

大学に入り直す、留学や転職により、結婚は無理だと判断して別れることもあります。

親の反対

現代で、親に反対されて結婚できないということはそうないだろうと思っていましたが、意外に多くありました。

相手の親と合わないのであきらめたと言う方も。

親との同居

結婚の条件が「相手の親との同居」で断ったという方もありました。

相手の家族や親戚との関係

「相手の家族が毎週集まると聞いて無理だと思った」
「相手側の親戚付き合いが密すぎてついていけないと思った」
距離感が違うと厳しそうです。

友人関係

相手自体はいい人だったが、相手の友人が合わない人やトラブルがあって、縁がないとあきらめたという方も。

「類は友を呼ぶ」ということもあるので、友人とも会っておく方がいいのかもしれません。

価値観の差

「自分は旅が好きだが、相手は旅は無駄。家具や服の方が優先と言うタイプだった」
「価値観の違いはある程度わかっていたが、100%自分が正しいと言う感じなので無理だと思った」

価値観の差が埋まらないと難しそうです。

金銭感覚の差

「自分にとっては相手が浪費、相手にとっては自分がケチ」など、金銭感覚が違うと難しいようです。

結婚前に、相手と自分の経済感覚のすりあわせは大切です。

食事の好み

「食事の好みがかけ離れていて、どうしてもダメだった」
毎日のことなので、やはり厳しいようです。

アレルギー

どちらかが蕎麦などのアレルギーを持っており、相手側がそのアレルギーを扱うところで働いていたりすると、どうしても難しいようです。

一緒に生活するには支障のあるアレルギーがあるので結婚はしないことにしたという方もありました。

趣味の否定

「結婚するなら釣りを完全にやめろと言われた」
「趣味を否定され、その分の時間とお金を自分とのことに使ってほしいと言われた」

趣味を否定される相手とは恋愛の継続も難しそうです。

生活リズムの差

夜勤の多い仕事で相手と一緒の時間が今後もとれない、あまりに多忙、休日が不規則などで、生活リズムが合わず、結婚が難しい思ったというケースです。

1 2