1. まとめトップ

【名探偵コナン】登場人物まとめ ~黒の組織編~ ※随時更新

【名探偵コナン】に登場する謎の組織【黒の組織】のメンバーをまとめました。※登場次第随時更新していきます。

更新日: 2020年04月11日

6 お気に入り 119414 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

as828さん

概要

『名探偵コナン』に登場する国際的な大規模犯罪組織で、政財界にもその魔手は及ぶ。
「黒の組織」は仮称で、本当の組織名は別にあるらしいが現段階では明されていない。
「黒ずくめの組織」と呼ばれることもある。

要人暗殺・金銭やプログラムソフトの取引・薬品開発のほか、何らかの「極秘プロジェクト」を進めている。
総じて黒の衣装に身を包んで行動していることから、主人公・江戸川コナンは組織に所属している男性を「黒ずくめの男」と呼んでいる。

幹部クラスはボスからコードネームとして、酒やカクテルの名前を付けられる。ラムは別格扱いだが、それ以外のメンバーは全員同格とされている。

どのお酒が強いか弱いかの知識が一切無いせいでちょっとオシャレなお店でお酒選ぶ時は「名探偵コナンで黒の組織メンバーのコードネームになってるお酒は大体全部強いお酒」っていうふわっふわの知識でなんとか乗り切ってる

だが、あの方との関係が深ければ他の幹部と比べていくらか立場が強いようである。
例として幹部たちが協力する作戦ではリーダー格なジン、処刑人のジンに自分を殺せばお前の立場が悪くなると訴えたピスコ、あの方のお気に入りで周りの幹部から嫌われても殺されないベルモットなどが当てはまる。

組織の目的

APTX4869

読みは「アポトキシン よんはちろくきゅう」で、「4869」は、「シャーロック」をもじったものとなっている。
組織が開発した、飲ませても検査で反応が出ず、証拠の残らない毒薬。
ただし場合によっては飲んでも死亡せず、身体が縮んでしまう。
工藤新一が江戸川コナンとして行動することになった元凶である。

遊園地での事件を颯爽と解決してみせた工藤新一は、そこで見かけた黒ずくめの怪しい男、ジンとウォッカの後を付ける。
この迂闊な行動の末、返り討ちに遭い気絶させられた新一は、口封じも兼ねた実験台としてAPTX4869を飲まされ、身体が縮んでしまった。

工藤くん後ろ!後ろ!不審すぎる黒づくめの男が2人! いい歳した大人が2人組でジェットコースター乗ってる!! #conan #kinro #コナン pic.twitter.com/K2l1K70odM

ただし、シェリー(=灰原)によると元々は毒薬ではなく、ピスコやベルモットの台詞から、若返りや不老不死を目的に作ったものではないかという可能性が出ている。
ただし、組織の目的が「不老不死」であることは、原作者の青山が、雑誌『ダ・ヴィンチ』2014年5月号に掲載されたインタビューにおいて否定している。

元々は宮野エレーナがシルバーブレットと名付けて開発していた。恐らく組織を壊滅させる程の力があるとされている。

アポトキシン4869が送られてきたので飲もうと思います。 小学生になったら我のことは黒の組織には秘密にしてくれよな! pic.twitter.com/MHJQWITcuU

所属メンバー

ボス

あの方(烏丸蓮耶)

組織のボス。組織のメンバーからは「あの方」と呼ばれる。
名前や性別など、詳細の一切が不明であり、その正体についてはファンの間で様々な考察がなされていた。ちなみに、ストラディバリウスの事件の冒頭でコナンの想像における例の黒タイツ姿で一応登場しているが、全く喋ってはいない。
後に「File.1008」において工藤優作の推理により作中で初めて、人物名まで推測される。優作曰く「この日本で最も強大な人物」とされ、その人物の名はコナンも耳にした事がある人物だった。

1 2 3 4 5 6 7 8