1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

YOSHIKIやあゆがエール…小室哲哉が会見で本当に伝えたかったもの

TM NETWORKやtrf、安室奈美恵のプロデューサーであり、globeのボーカルKEIKOの夫である小室哲哉(こむろ てつや)氏が週刊誌による不倫疑惑から会見を開き、引退を発表した。そこで最後に語った介護の現実がTwitterで連日話題になっています。

更新日: 2018年01月21日

23 お気に入り 116934 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

文春砲から始まった小室哲哉氏引退騒動。稀代の音楽家が最後に投げかけたのは介護の現実だった。

nyokikeさん

▼平成を駆け抜けた名プロデューサー小室哲哉氏が引退会見を開いた

音楽プロデューサーの小室哲哉(59)が19日、不倫疑惑報道を受け都内で会見し、「騒動のけじめをつけたい」として音楽活動からの引退を表明した。

報道によると、小室は12月中旬にある女性宅に泊まり、1月上旬には都内の高級ホテルで密会。妻のKEIKOが実家に帰省している1月上旬には自宅に女性を招き、一夜を共にしたという。

小室は2010年の詐欺事件のことから妻・KEIKO(45)の結婚、病気、介護、そして、自身が患ったC型肝炎や今でも耳鳴りが収まらないという左耳の突発性難聴についてなど、これまでの経緯を説明。

・期待に応えられない…才能の枯渇を感じたTK

昨夏に左耳の突発性難聴を患った。昨秋には楽曲制作の締め切りが初めて滞り「90年代には考えられなかったこと。引退という言葉がどんどん頭をもたげてきた」と説明。

自身の創作能力について「ブームだった頃のレベルを超えられない。枯渇したとか、期待に応えられない感覚」と、限界を感じてきたことを明かした。11年10月にくも膜下出血で倒れた妻KEIKO(45)のリハビリを支える中で「両立する限界を感じた」とうなだれた。

・そして明かされた妻KEIKOの介護生活

2011年、KEIKOがくも膜下出血になって以来6年、献身的にリハビリを支えてきたが「3年ほどの前から疲れ始めてきたことはあったと思います」と吐露。

幸いKEIKOの後遺症というのは…今もみなさん身体的な介護をされている方たちのご苦労は、僕は計り知れないのですが…幸い身体的な後遺症がなく、脳のちょっと…障害ということで、少し欲がなくなってしまったりとか。僕から見る感じ、女性から女の子みたいな優しい笑顔、性格になったように、初期はそんな感覚を覚えました。

療養中の現状については「女性というより、女の子みたいになった。今は小学校4年生くらいの漢字ドリルとかが楽しかったりで、全てではなく一例ですが、そういったレベルのことはあります」と明かした。

自身も肝炎などで体調が悪い中、KEIKOの介護を6年間続けてきたが「何をしても褒めてくれることはないし、ありがとうも言ってくれない。出口が見えないトンネルがずっと続いている」と周囲に苦悩を明かしていた。

カラオケに誘ったり、音楽のネットを見せたり、CDを聴かせたり、一緒に聴いたりとか、いろいろ僕なりの…(音楽へ)いざなうということを試みたのですが、残念ながら音楽に興味を持つということは日に日に減ってきて。

今年で7年目になるのですが、その中で最初の、初期に何とか無理やりレコーディングスタジオにつれていって、未発表曲に今はなっていますが、今の僕のKEIKOへの心境を歌詞にしたためまして、なんとか歌ってもらった曲が一曲ありますが、それ以降は「いいんじゃないの」と「もういいよね」ということで(涙ぐむ)それから約四年くらい、ほぼ歌うことはなくなりました。

最初のうちはご家族も心配されて、三か月、半年くらいの実家の滞在というのもあったのですけど、また2年ほど前から実家の支援、それから後は自宅で僕と僕のスタッフのサポートというような生活で。

障がいが残ったKEIKOとはできない雑談や談笑をすることで「精神的に支えられ、依存度が強くなってしまった。好意も持っていた」と吐露。男女関係を否定する一方で、後ろめたさもあり「こういった事態が起こるだろうという胸騒ぎはしていた」とも漏らした。

離婚の可能性を問われると「女性というより、女の子の今のKEIKOのほうが愛は深くなっています。僕の頭の中にそういった大人の言葉(離婚)は浮かんでこない。旦那さんという言葉を使ってくれることもあります」と否定し、「夫婦生活は続く?」という声には「はい」。今後について「生き方、身の振り方に関してはお時間を頂きたい。そこには、KEIKOのことも含めて考えていきたい」と話した。

・最後に語った会見で本当に伝えたかったこと

会見の最後、小室は自らマイクを取り、「たったひとりの言動で世間が、日本が動くと思わないが、今回のことで高齢化社会や介護の大変さ、社会のストレスとか、少しずつですけど、この10年で触れてきたなと思う。こういったことを発信することで、この日本も何かいい方向に、みなさんが幸せになるように動いてくれたいいなと思う。微力ですが、何か響けばいいなと思う」と介護への思いなどを込めあいさつ。

▼この小室哲哉氏の引退会見のあとX JAPANのYOSHIKIがTwitterで呼びかけた

ロックバンド・X JAPANのYOSHIKIが20日、自身のツイッターを更新。看護師の女性との不倫疑惑が報じられ、きのう19日に会見で引退発表した小室哲哉(59)と「話して少し安心しました」と明かした。

1991年には音楽ユニット・V2を結成するなど親交が深いことで知られている。

. @Tetsuya_Komuro 話して少し安心しました。少しでも力になれれば、と思う人は僕以外にもたくさんいると思います。色々な意味で辛いでしょうが頑張って欲しいです。 音楽家は永遠に音楽家です。

またいつか一緒に音楽を創作しましょう。Someday we’ll make music together again. instagram.com/p/BeKV1rWAyyl/…

・浜崎あゆみがインスタグラムで小室哲哉氏にエール

1 2 3