1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

前回、バレンタインのオススメレシピランキングの記事を作成したところビュー数が結構あったのでバレンタインオススメレシピ集を作成します!

MOMOILUさん

株式会社明治が発案しているチョコレートレシピ!

調理時間60分(あら熱をとる時間はのぞく)
賞味期限常温で約2日

このレシピのポイントはココ!
意外なおいしさに出合える新感覚のおまんじゅう。チョコレートとココアを混ぜ込んだ生地を耳たぶくらいの固さになるように気をつけながら、皮を作ります。仕上げに、おまんじゅうの上に溶かしたチョコレートを塗るのをお忘れなく。

調理時間60分(生地を休ませる、あら熱をとる時間はのぞく)
賞味期限冷蔵庫で約2日

このレシピのポイントはココ!
大きめの長方形で作ったスタイリッシュなタルト。タルトに流すフィリングには、ブラックチョコレートのガナッシュを使ったので、ちょっぴりビターな味わいになりました。余った生地で名前やメッセージを作るのも楽しい!

調理時間60分(あら熱をとる時間はのぞく)
賞味期限冷蔵庫で約2日

このレシピのポイントはココ!
手のひらにのりそうなプチタイプのデコレーションケーキ。小さめの丸型で焼いたスポンジに、ラズベリーでピンク色に染めたホワイトチョコクリームをデコレーションしました。トッピングのアポロがかわいらしさをさらに演出!

調理時間100分(あら熱をとる、冷蔵庫で冷やす時間はのぞく)
賞味期限冷蔵庫で約2~3日

このレシピのポイントはココ!
週末にみんなで切り分けて楽しむことから「ウイークエンド」の名で親しまれるようになったフランスのお菓子。オレンジの皮とラムレーズンとココア、それぞれの香りがたっぷり詰まった生地はあとを引くおいしさです。グラッサージュショコラでつややかに仕上げましょう。

調理時間90分(生地を冷ます時間はのぞく)
賞味期限常温で約2~3日

このレシピのポイントはココ!
一度焼いたクッキー生地の上にキャメル生地、チョコレート、アーモンドをのせて再びオーブンへ。サクッとしたクッキーの歯ごたえに濃厚な味が加わり、リッチな風味を楽しめます。小分けにしてみんなに配ると喜ばれそう!

調理時間60分(生地を休ませる時間はのぞく)
賞味期限常温で約4~5日

このレシピのポイントはココ!
降り始めた雪のような模様のクッキー。クラックという「割れる」を意味する名前通り、焼くと生地がふくらんでひびが入り、表面にまぶした白い粉糖の下から生地のチョコレート色が見えてきます。どこか、はかないかわいらしさはプレゼントにもぴったり。

調理時間90分(あら熱をとる、冷蔵庫で冷やす時間はのぞく)
賞味期限冷蔵庫で約2~3日

このレシピのポイントはココ!
真っ白なチョコレートケーキ「エンジェルスフードケーキ」に対して、こちらは真っ黒なので「デビルズフードケーキ」と呼ばれています。生地もクリームもブラックチョコを使い、シックな仕上がりに。香りづけのラム酒はお好みで。

調理時間90分(生地を休ませる、冷蔵庫で冷やす時間はのぞく)
賞味期限常温で約3日(パイ生地のみ)

このレシピのポイントはココ!
サクサクの手作りパイとトロリとしたチョコカスタードクリーム。メリハリの効いた食感は本格的で大人好みの味わいです。パイはできるだけ薄くのばすのが大事なポイント。ラフに盛りつけ、粉糖やフルーツを飾ればおもてなしスイーツにぴったり。

調理時間90分(あら熱をとる、冷蔵庫で冷やし固める時間はのぞく)
賞味期限冷蔵庫で約2日

このレシピのポイントはココ!
オーソドックスなチョコレートケーキを焼いて、グラッサージュショコラでコーティングしました。シックでつややかな仕上がりはまさに大人向けの極上スイーツ。ひとくち食べるごとにチョコレートの豊潤な香りが口の中で広がります。

調理時間40分(生地を休ませる、あら熱をとる時間はのぞく)
賞味期限常温で約4~5日

このレシピのポイントはココ!
スコットランドのティータイムには欠かせないお菓子・ショートブレッド。バターの香りが高く、ホロホロとした食感はクセになるほどのおいしさです。ここではブラックチョコレートとヘーゼルナッツパウダーを加え、風味をいっそう引き立てました。

調理時間60分(冷蔵庫で冷やす時間はのぞく)
賞味期限冷蔵庫で約3~4日

このレシピのポイントはココ!
ちょっぴりスパイシーな風味があとを引く不思議なおいしさ。生クリームにシナモンスティックを加えて火にかけ、香りをじっくり移します。仕上げにもシナモンパウダーをしっかりと。ダブルのシナモンでオリジナリティたっぷりなできあがりです。

調理時間約100分(あら熱をとる時間はのぞく)
賞味期限冷蔵庫で約2日

このレシピのポイントはココ!
丸いショートケーキを作り、サンタの顔に見立ててデコレーションします。イチゴは帽子、ホワイトチョコレートはヒゲ、マーブルチョコは目にすると、とてもユーモラスな表情に。食べるのがちょっともったいなくなってしまうほどのかわいらいしさです。

株式会社ロッテが発案しているレシピ!

調理時間約120分


アメリカの家庭で作られるケーキ。クリームにも生地にもチョコたっぷりで、罪作りなほどおいしく、味も悪魔のように魅惑的な、一口食べたらやめられないケーキです。

調理時間約140分


サクサクのパイに濃厚なフィリングを焼き込み、なめらかなソースを重ねて。
後味すっきりのローストミルクに岩塩をひとふりすることで、さらに味が引き締まります。

1 2