1. まとめトップ
  2. 雑学

よくよく考えてみた…『様々な状況を分析した呟き』が参考になりそう

身の回りで起きたりニュースなどで見聞きしたりする様々な状況や現象・トピックなどについて分析したTwitter民たちの考え方や意見をまとめてみました。ちょっと気付かなかった視点や思いがけない見方など、参考になりそうなものをピックアップしてみました。

更新日: 2018年01月22日

115 お気に入り 175110 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Twitterユーザーたちが呟いた体験談や見聞きした話・考え方などをまとめたものです。

futoshi111さん

◆「バンドマンの彼氏」をよく考えてみる

バンドマンは彼氏にしない方がいいとか言ってるけど、 ドラムとか普通に包容力があるから人気あるよね。ギターだって気配りができるタイプが多いし、ボーカルは声が良くてイケメンばかり。キーボードに関しては普段から色気ムンムンだし、ベースは弦が4本もある。

◆「オーダー待ち」について考える

町の中華屋で焼豚注文した客が「いま焼いててお時間いただきますが…」といわれ「えー。じゃあいいです。タイミング悪いよねー」といってたんだけどそのあと頼んだ別の席のカップルが「やったー!じゃあ焼きたて食べれるってことですねっ!」といってて人生を楽しむ力って確実に存在するとおもった

@saito_rin これは店員側にも言えることで「お時間いただきますが…」みたいなマイナスなアプローチではなくって「○分で焼きたていくんで待っててくださいね!」って感じのアプローチにするだけでお客様側の印象は全然ちがってきたりもしますね!

◆「ウサギとカメ」について考える

ウサギとカメって話、ちっちゃい時「ウサギアホだろ」って思ってたけど、この年になってみると、もうあふれ出るほど才能あって、こいつどこまで行くんだろ、って思ってたのに半端な仲間と半端な遊び覚えて消えてく奴いろんな分野でほんとごまんと見てきたので、ああ、これ言いたかったのかなって。

@mate_tsu 競争相手、競合がいないと、やる気もなくなって当然なのかもしれず、結局はそれ以上伸びる努力も怠りがちなんだと思う。あくまで比較対象を他者にせず自分自身にした方が良いと思う。

@mate_tsu 外から失礼します。 昔も今も結論なら変わらず「ウサギアホだろ」に落ち着くのだけど、 大人になってウサギが怠けてしまった気持ちもわかって来た感じがありますね。 一人で孤独に頑張り続けるって、とても難しいのだ・・・|ω・`)

◆「一を聞いて十を知る」からの考察

世の中には「一を聞いて十を知る」人はごくごく一部。 「十を聞いて十を知る」人がいればいい方。 「十を聞いて八を知る」人が普通。 「十を聞いて一を知る」人はたくさん。 「十を聞いて何も知らない」人もいて、 「十を聞いて虚数を知る」人からクソリプが来る。

◆女性が痩せたがるのを止める時はこう言え⁉

だからー、女性が痩せたがるのを止めたいときに「もうちょっとムチッとしてたほうが男は好きなのに」とか言っても効果ないって何回言わせるの?本気で止めたければ中世の領主みたいに「体重と同じだけの金貨を与える」とか言うべき。

◆「風邪の原因菌」は200種類⁉

以前知り合いが「人が一生のうちにかかる風邪の原因菌は約200種類あって、全部かかるとそれ以降風邪を引かなくなるらしいですよ!」って興奮気味に言ってきたので、「よしんば事実だとして、毎年2回ずつ風邪引いても免疫つくのに100年かかりますよね?」って言ったら黙った。

◆「好きな人と嫌いな人」について考える

好きな人と嫌いな人がいますけど、もし嫌いな人を削ったら、好きな人の中から嫌いな人が出て来るのかもですね。

◆「twitterの怖いところ」について考える

1 2 3