1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

寒さ対策も万全に。東京23区など関東太平洋側で積雪も

本州南岸を低気圧が発達しながら東進のため大雪の可能性が心配されます。今後警戒や注意事項をまとめてみました。

更新日: 2018年01月21日

8 お気に入り 155622 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

東京都心や横浜などで大雪の心配が報道されていますが、注意点や警戒情報をまとめてみました。

東京23区も警戒あす関東太平洋側でも積雪のおそれ

22日(月)の関東地方は、早い所では昼頃から本格的に雪が降りだし、夜の帰宅時は平野部でも積雪か。

降る量が多く予想されていることから、気温が低い山沿いでは大雪となる恐れがあります。

いずれにしても量が多いため、雪で降った場合には積雪や大雪のおそれもあります。

前線を伴った低気圧が東へ

気象庁によりますと、22日は前線を伴った低気圧が本州の南岸付近を東へ進む見込みです。

上空に入る寒気と合わせて太平洋側では東北から九州にかけて雨や雪となり、関東地方の山沿いや長野、山梨両県を中心に大雪となる。

23日以降は上空5000メートル付近にマイナス36度以下の強い寒気が北陸地方まで南下するため、北海道から九州までの日本海側を中心に大雪となる恐れ

東日本の太平洋側を中心に雪が降るところも

平野部では、日中は雨やみぞれ(雨まじりに降る雪)の所が多いですが、23区でも多摩地方に近いエリアほど雪になりやすいでしょう。

午後になると、関東各地で、本降りの雪や雨となりそうです。

23日ごろからは冬型の気圧配置

23日以降、日本の上空に強い寒気が流れ込み、冬型の気圧配置となるため、北海道から九州までの日本海側を中心に大雪となる恐れ

北日本から西日本にかけての広い範囲で気温が平年に比べてかなり低くなり、日本海側を中心に雪が降り続いて大雪となるおそれがあります。

予想される雪の降る時間は

関東の雪情報です。22日(月)、朝は一部で雪がちらついたり、雨がぱらつく所があるでしょう。

関東では午前中にパラパラと雨や雪が降り始めるでしょう。

影響や注意点も気になります。

23日(火)朝の通勤時も凍結や積雪により交通機関が乱れる恐れ。停電や転倒事故、車のスリップ事故にも要注意。

昼頃からは雪や雨のエリアが広がって、傘が必要な降り方に変わってきます。山沿いでは早々に雪が積もりはじめるでしょう。

火曜日の朝は、路面凍結のおそれもあります。

今後の気象情報に注意するよう呼びかけています。

1 2