1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

宰子と旺太郎の接点が明らかに…「トドメの接吻」が面白過ぎる

3話は「キス女」こと宰子が人間らしい一面を持っているということが分かる展開。そして、新たな謎が出てくる神回だった。

更新日: 2018年01月22日

5 お気に入り 73142 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

3話でなかなかの神展開、ドラマの方向性が分かる回だったんじゃないかと個人的に思いました。

・山崎賢人主演の連続ドラマ「トドメの接吻(キス)」が面白い

菅田さんに新田真剣佑、佐野勇斗、志尊淳とイマ旬イケメンたちが勢揃いする「トドメの接吻」、通称「ドメキス」

ドラマ「ROOKIES」(TBS系)や「南極大陸」(同)などで知られるいずみ吉紘さん脚本のオリジナルドラマ。

謎の女に“死の接吻”で殺される度にタイムリープをするNo.1ホストが、殺される理由や女の正体を追っていく“邪道ラブストーリー”。

・主人公のホスト堂島旺太郎とが個性的すぎる

主人公は、歌舞伎町のホストクラブ「ナルキッソス」で源氏名「エイト」を名乗るNo.1ホスト・堂島旺太郎

富裕層の女性たちを食い物にする堂島旺太郎(山崎さん)のクズホストぶり、キスでタイムリープを繰り返す謎が謎呼ぶ展開に引き込まれる人が続出。

「まれ」『オオカミ少女と黒王子』と共演作が多い山崎さんに何度も何度もキスをし、タイムリープを起こさせるミステリアスなキス女を演じる門脇さんへの関心も高まっている。

「リハーサルでは門脇さんとどんな角度でどんな表情でキスするのが美しいか綿密な打ち合わせをして、“キス研究”をしています」(前出・ドラマ関係者)

・さらに2話でクライマックスがあるような早い展開も魅力

14日放送の2話では、なんと旺太郎を狙っていたのが志尊さん演じる後輩ホスト・小山内和馬だったことが発覚。

第2話のラストで、信じていた後輩ホスト・和馬(志尊淳)に刺されてしまった旺太郎

旺太郎がタイムリープをすればするほど、各所に散りばめられた伏線に気がつき、自分なりの推理を楽しむことができるので、旺太郎のタイムリープは決して無駄ではない

・ここまでの視聴率は?

「10代女性をターゲットにしているのは明らか。録画やネット視聴が多い世代ですから、リアルタイム視聴は見込めないと思われます。その点を考慮してか、毎週日曜の本編終了後には、『トドメのパラレル』と題した番外編をHuluで配信していくとのこと」

芸能プロ関係者談

・録画組の声

録画したトドメの接吻見たけど 面白すぎて早く4話見たい

トドメの接吻の録画視聴中 女落とすためにタイムリープ連打とかもはやプロポーズ大作戦そのまんまなのではw

録画してたトドメの接吻見たけど毎回の事ながら面白かった!! 志尊くん 女子的生活とはまた違った良さがあってたまらない((´艸`*)) 山崎賢人と真剣佑はイケメンだなほんと♡ 次回も楽しみだ〜\(´ω` )/

・3話でまた謎が深まった神回だった

1 2