1. まとめトップ
  2. ガールズ

もっと「ふんわり」させたい!そんな時のヘアスタイリングのコツ

ハリとコシがあるふんわりとした髪を作るスタイリング法をまとめました。

更新日: 2018年03月07日

84 お気に入り 101869 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

空気が乾燥する冬、髪が静電気でぺたんこになったり、広がったりとキレイにキープすることって難しいですよね。ふんわりした髪を1日キープする方法をまとめました。

stoneflowerさん

▼冬は、静電気でパサパサ、ボリュームがなくてぺたんこ髪に…。

ショート、ミディアム、ロングに関わらず、女性らしい可愛い髪型をつくるキーポイントが、根元からふんわりしたトップのスタイル。

□ふんわり感を1日キープ!そんな時のヘアスタイリング法とは?

・ブラッシング、手グシをしっかり通すこと。

ブラッシングなんて毎日やっていることだと侮ってはいけません。ブラッシングは美髪作りの基本中の基本です。

意外と忘れがちなのが就寝前のブラッシング。寝ている時は髪の毛同士が絡んだりしやすく、寝具の摩擦で髪の毛が抜けたり、ひどいと切れ毛になってしまうこともありますがそれらを防ぐことができます

キューティクルの流れに沿って上から毛先に向かって手グシを通す

久しぶりに会った友達に髪質変わった!?!?ってものすごい驚かれてとても嬉しかったです やっぱりブラッシングの回数と使う櫛は大事なんだなぁと思いました

・ノンシリコンシャンプーを使用してみる。

きちんと作られているノンシリコンシャンプーは洗浄成分が穏やかで、頭皮を洗い過ぎないというかなり大きなメリットがあります。

髪の毛が軋んでいる、まとまらないって人にはシリコンシャンプー。髪の毛にボリュームが出ない、風に靡く髪が欲しいって人にはノンシリコンシャンプーがおすすめだよ〜!

・トリートメントは、毛先を中心に行って。

トリートメントには、髪の毛一本一本の内部まで浸透する補修成分が含まれているので、毎日使うだけで髪の修復を早めてくれます。

1回に使う量おおむね2~3プッシュ程度。手のひらのほか、指と指と間に伸ばし、髪をすくように毛先~髪の中ほどまでつけると良い

シャンプーの仕方とトリートメントの量を毛先から塗り量を増やしただけで少し調子が良い気がする 気がするだけかもしれないけど

・シャンプー後のタオルドライはかなり大切!

タオルドライとは、お風呂上りにタオルで髪を拭いて乾かすことを言います。ドライヤーを当てる前に必ず行うべき行程です。

90℃お辞儀をする姿勢のまま、ハンドタオルを使い、シャンプーをするような動作で、頭皮全体の水分を集中的に取ってしまいます

忙しい時や急いでいる時は、早く乾かしたいからといってゴシゴシとタオルで擦ってしまいがちですが、丁寧に頭皮からタオルドライをしていくことを心がけるだけで美髪へぐっと近づくことができる

1 2