1. まとめトップ

どういう風に伝えればいい? 薄毛の人が美容室へ行く時のに役立つ心得とは

薄毛の人が美容室に通う際に役立つ情報をご紹介します。ご紹介するポイントを抑えれば、安心して通えますよ!!

更新日: 2018年01月22日

3 お気に入り 2559 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

薄毛の人が美容室に通う際に役立つ情報が掲載されているサイトを参考にしました。

ennmxdcssさん

恥ずかしいから行きたくないけど・・・

「恥ずかしいから行きたくないけど、行かないわけには行かない」「いっそのこと、坊主にした方がいいのかな」など薄毛の髪型の悩みは尽きないものです。

「薄毛が気になるから美容院に行きたくない…」「おしゃれはしたいけど、どうせ薄毛だし…」と、美容院に行くことを先延ばしていませんか?確かに、薄毛が進行していると、髪を切りに行くのが憂鬱ですよね。

薄毛を見られるのは恥ずかしいですし、シャンプー後は特に他のお客さんの目が気になります。かといって、自分でカットするのはなかなか難しいです。

でも、美容室には行った方が良い

美容室と理容室がありますが、出来ることなら美容室がオススメです。
その理由は美容師の方がヘアスタイルの提案やセット方法、または頭皮ケアに長けていると言われているからです。

お願いする側は不安ですし恥ずかしさもあると思いますが、美容師さん側からしてみると、薄毛の人はたくさんいるので見慣れています。そのため、薄毛だからといって特に気にすることもありません。

やはり美容師さんに気になる薄毛を見られてしまうことに抵抗があるかもしれませんが、相談することによって悩んでいた薄毛を上手にごまかしてくれるはずです。プロである美容師さんに相談することが、薄毛の悩みを解決する第一歩だと思ってください。

どんな美容室がオススメか?

上記でご紹介したヘアスタイルの提案やセット方法、頭皮ケアに長けている美容師がいるところがオススメです。
また以下の条件もあると、薄毛の人には嬉しいといえるでしょう。

完全個室になっていなくても、半個室風にパーテーションで仕切ってある所もあります。完全個室でBGMだけが鳴り響く中、美容師さんと2人きりは気まずい・・・という人には、こちらの方がお勧めです。

個室スタイル

仕事帰りに寄れるぐらい遅くまでやっている美容室はひとつの救いです。美容室を出たら、あとは薄暗い道を帰ればいいだけ、というのは安心ですね。

遅くまでやっている美容室

実は、薄毛だからこそまゆ毛やヒゲのお手入れが大事なのです。薄毛でふよふよとまとまりのない髪型になりがちなのに加え、眉毛まで手入れしていないボサボサ眉毛だと、全体的に汚らしい印象になってしまいます。男性専門や薄毛を得意とする美容室では、眉毛などのフェイスグルーミングも一緒にしてくれるところが多くあります。眉カットはサービスになっているところまであるのは、うれしいですね。

薄毛と眉毛とヒゲのバランス

薄毛にはどういったヘアスタイルがいいのか?

基本的はショートヘア。
その中でも、ツーブロックやソフトモヒカンなどのデザイン性を取り入れるのが良いでしょう。またショートカットの芸能人やスポーツ選手をお手本にするのもいいかもしれません。

額が気になるのであれば、前髪を中途半端におろすのは避けて立ち上げましょう。前髪を立ち上げたショートヘアは爽やかさはもちろん、他人の目線を上に誘導することができるのでおすすめです。

前髪を立ち上げて、あえて額を見せるべし

髪の毛を一定の方向に流すと、毛量が少ない場所が際立って見えてしまうことがあります。ですから、スタイリングの際は髪の毛をさまざまな方向に動かすのが得策。

毛流れは、散らすべし

錯視とは、視覚上の錯覚のこと。これをヘアスタイルに落とし込むと、ボリュームアップしたように見せることができます。簡単なのはハチ下を短く刈り込んだツーブロック。サイドや襟足はすっきりと、トップの髪は分量を残すことで視線が上がり、“ボリューム感があるように”見せることができるのです。

錯視効果でボリュームアップ

1