Appleが神対応?「iPhone性能ダウン」問題に新展開

世界を騒がした、Appleが旧型iPhoneの性能を意図的に低下させていたとされる騒動ですが、新たな展開があったようです。

更新日: 2018年01月22日

140 お気に入り 332223 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

世界を騒がした性能低下問題

バッテリー劣化に伴う問題を回避する目的で劣化したバッテリーを内蔵するiPhoneのパフォーマンスを意図的に低くしていた

これを今まで開示していなかったことで批判の的に。

この騒動で、Appleに新たな動きが

ティム・クックCEOが1月17日(現地時間)に公開された米ABC Newsのインタビューでそう語った

バッテリーの劣化状況に応じてiPhoneの性能が自動的に制限されている問題について、今後のiOSアップデートでこれをオフにできる機能が提供される

実際、バッテリー交換した人からは…

Apple Store銀座で古いiPhoneのバッテリー交換してもらったけど バッテリーの保ちもよくなったし動作も軽くなって快適( ˘ω˘ )

iPhone6sの無償バッテリー交換プログラム利用してバッテリー交換したけど、最近モッサリしまくってたiPhoneが買った時のように戻って驚き。 データも消されてないので復元の手間いらずなのは良いけど、バッテリー交換しただけでなんでサクサクに。電圧低下してたのかな?!

【交換内容は・・・】
非正規品バッテリーでなければ希望するユーザー全員が対象で、iPhone本体保証およびAppleCare+による延長保証期間内であれば無償交換対象

保証期間外であっても、今だけ3200円で交換できるようになってる。

ただ、Appleとしては不本意な事態

減速については、重要な電話やテキスト作成のさなかにバッテリー劣化によるシャットダウンが起きるのを避けるためのものだ

Apple store店員からはこんな声も

「バッテリー診断に基づけば、本当にバッテリー交換が必要な端末は、ご注文を受けたもののうち10%にも満たないことをぜひお伝えしたいです」

1