1. まとめトップ
  2. 雑学

日本は2段、海外は3段…調べてみると深い「雪だるま」の起源

雪だるまをみてふと思った、海外は3段なのに日本はなぜ2段なのかと…。調べてみれば深かった…。

更新日: 2018年01月23日

24 お気に入り 60773 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

・「♪雪だるまつくろう」

1月22日午後から23日にかけて、東北地方太平洋側と関東甲信越を中心に大雪となる予報が出ている。

発達した低気圧の影響で西日本から東北地方の広い範囲で雪が降り、東京都心でも午後6時現在、13センチの積雪を記録

千代田区の神田小川町では、今年も雪だるまフェアが開催されました。

「雪だるまコンテスト」では、参加者らによって約20体の個性豊かな雪だるまが作られました。

・この雪だるま、よくよく見てみると…。

・そもそも海外なのに「だるま」はおかしいよね

頭と胴と足からなっているので3段らしい

スノーマンはキャラクターの名前ではなく、英語で雪だるまの意味

アメリカ人の子供に聞いて見ると「スノーマンだよ。頭と胴と足があるでしょ」とオーバーな動作を入れて説明してくれた。

スノー(雪)マン(男)で雪男。三つ目のまん丸な雪玉は足だった

・だからオラフもこんな感じに

映画『アナと雪の女王』の挿入歌、「雪だるま作ろう」の原曲(英語)、Do You Wanna Build a Snowman?

英語ではこの疑問形が提案・誘いの一般的表現なので、日本語訳としては邦題の「雪だるまつくろう」がしっくり来ます。

・じゃあ、日本の「雪だるま」の起源は?

ちょいと外へ出たら、あたしの腰くらいまである雪だるまが作ってあったんだけどね、江戸っ子なら寒くたってこんくらい作ってみろってんだ。ここは粋の町だよ。 絵:歌川広重 「江戸名所道戯尽 廿二 ~御蔵前の雪~」 pic.twitter.com/UNTKo6Goqp

ほんとにだるまだ。

日本の雪だるまの起源の詳しいことは分かっていませんが、江戸時代にはすでに存在したといわれています。

浮世絵師・歌川広景の作品『江戸名所道戯尽 廿二御蔵前の雪』には、雪だるまが描かれていますが、その形は今のような大小2段ではなく、だるまの形をしています。

この絵には、その雪だるまの近くにお供え物があったことから、縁起物として作られていたと推測されています。

・2段なのはなぜ?

だるまのモチーフとなった達磨大師は、禅宗の僧侶

1 2