1. まとめトップ

愚痴が多い人との上手い対処法や付き合い方は?

口を開けば自分のことばかりで愚痴が多い人というのは職場など人が集まるところにはどこにでもいるものです。一番良いのはそんな人とは関わらないことですが、どうしても相手をしなければいけない場合や大人の付き合いをしなければならないときがあるものです。愚痴の多い人との上手い退所や付き合い方とは?

更新日: 2018年01月23日

5 お気に入り 2088 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

egawomsieteさん

■愚痴っぽい人とは

愚痴とは、言ってもどうしようもないことを並べ立てる行為です。愚痴っぽい人というのは、現状を変えたり自分を成長させたりすることもよりも誰か、もしくは何かを悪者にして文句を言うのがライフワークになっている人なのです。

人間は自分が普段行っている行動や言動に引き摺られて性格も変わってきます。ネガティブな愚痴ばかり言っている人というのは、大抵性格もネガティブなものになってしまうのです。そして、ネガティブな愚痴っぽい人は自分のストレスを誰かに愚痴を聞いて貰うことでしっかり解消することが出来ます。

■愚痴への対処を間違うと思わぬリスクが

グチを聞くのが好きな人は少ないと思います。しかし「相手のストレス解消になるのなら……」という気持ちで付き合ってあげている人は多いのでは?

相手のことを思って聞いてあげても、対応の仕方によっては「落ち込み感情の増大」「能力不足の認識」など、相手をよりネガティブにしてしまうリスクがあります。それどころか、親身になって聞いているのに相手を不快にしてしまうケースや、ただ聞いていただけなのに一緒に悪口を言ったことになってしまう、というケースも。

■愚痴を言う人への上手い対処法は?

相手によっては賛同したりしなかったり、聞き流すことも大事です。

・気持ちを聞いてあげる

愚痴をいう人は他人の悪口や自分の境遇に対する不満などを延々と言っています。その事に対して、あなたが真剣に受け止めてアドバイスしても「でもね」「そんな風に言われても」と反論が返ってくる事も多いと思います。

そう言った時は、その時のその人の気持ちを聞いてあげるようにするとその人の気持ちが収まる事があります。その事で愚痴を言っている人はどう感じたのか、どんな気持ちになったのか。そんな事を聞いてあげましょう。

けれど、注意しなければならないのは、愚痴を言ってくる人の中にはただただ文句を言いたいだけの人もいるので、あなたがいくら気持ちを聞いてあげても相手の気持ちが収まらないようなら、それはその人の性質なのかもしれないと割り切りましょう。

・誉めてあげる

愚痴を言っている人は、「自分は何をしても報われない」、「自分の事など誰も注目してくれない」と言った不平を抱えていることが多いです。その不平不満が愚痴と言う形で出るのです。なので、愚痴が延々と続くようならば、一度、その人の事を褒めてあげてみてください。

色々と難しい状況なのにそれでも辛抱強くやっている事や、色々な事に耐えて頑張っているんだという事を褒めてあげると相手は少し満足して愚痴るのを止めたりします。

・賛同してあげる

愚痴を言う時、絶妙に合いの手を入れられると愚痴っぽい人はとても気持ちよくなってくれます。重要なのは、相手が愚痴を言うことに満足して貴方が愚痴から解放されることなのです。

だからこそ、愚痴をさっと切り上げたい時、相手の感情を逆撫でしたくない時は「そうかそうか」「分かるよ」「大変だな」などの同意を示す言葉を相手に返してみましょう。自分の意見を言うことなく、貴方の賛同を得られたことで愚痴っぽい相手は満足してくれます。

・視点を変えるアドバイスを

愚痴が多い人には、過去ばかり見てしまう特徴があります。そのため、過去に目を向けるのではなく、未来に目を向けて、どうすれば問題が解決するか、不満を根本から見直す手助けをすることで解決へ導くことができるでしょう。

・時には反論

アドバイス同様、時には愚痴に反論してみる事も大事です。

愚痴を言っている人は同じような所をぐるぐると回っている事が多いので、その悪循環を断ち切る為にもあなたがあなたなりの反論を相手にしてみてみましょう。

相手は素直に受け止めないかもしれませんが、あなたがはっきりした態度を取ると段々と相手はあなたには愚痴を言いにくくなってきて、あなたはその人の愚痴から解放される事でしょう。

・共感してあげる

愚痴が多い人というのは、不満に対処する術が欲しいわけではなく、もしかすると、あなたに共感してほしいだけなのかもしれません。共感する際には、「辛かったね」「大変だったね」「頑張っていて偉いと思うよ」などの言葉をかけるといいでしょう。

・肯定も否定もしないのが得策

相手の愚痴を聞くときの注意点ですが、相手の意見に賛同してはいけません。愚痴を言っているときに賛同すると、相手は嬉しくなってドンドン話をします。すると、愚痴が長引いてしまって、ますます辛くなるわけです。

なので、軽く聞き流す感じで、否定も肯定もしないでください。そういう聞き方に徹していると、話は比較的早くに終わるでしょう。一歩引いた状態で対応するのが、最もベストだといえますね。

・自分の愚痴は言わない

自分の中に不満があったとしても、相手と同じように愚痴を言わないようにしましょう。一言でも愚痴をこぼしてしまうと、相手と意気投合するので話が盛り上がってしまいます。ポジティブな話で盛り上がるのは良いですが、ネガティブな盛り上がりだと雰囲気が悪くなりますよね。

だから、火に油を注ぐような言動は控えるようにしてください。相手の愚痴を聞いているときには、ポジティブな話で盛り上がれないかを考えると良いでしょう。そうすれば、生産的な話ができるようになるはずです。

・距離を置く

何をやっても愚痴ばかりで何の進展も見られない。そんな相手ならば、いっそのこと、距離を置いてみてみましょう。

あなたが離れた事を知って、相手の態度が変わればいいですし、変わらなかったらそれまでと割り切って一度、思い切って距離を置くといいと思います。

1 2