1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

どれも観たい!「米国アカデミー賞作品賞」ノミネート映画9本が発表

第90回アカデミー賞ノミネーションが発表、作品賞に選ばれた9本を紹介

更新日: 2018年01月24日

42 お気に入り 30194 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

solmesさん

▼「第90回アカデミー賞」のノミネーションが発表

◎注目の作品賞はこの9作品

▼『シェイプ・オブ・ウォーター』

1962年、冷戦下のアメリカ。政府の極秘研究所で清掃員として働く女性イライザは、研究所内に密かに運び込まれた不思議な生き物を目撃する。

イライザはアマゾンで神のように崇拝されていたという“彼”にすっかり心を奪われ、こっそり会いに行くように。幼少期のトラウマで声が出せないイライザだったが、“彼”とのコミュニケーションに言葉は不要で、2人は少しずつ心を通わせていく。そんな矢先、イライザは“彼”が実験の犠牲になることを知る。

「ブルージャスミン」のサリー・ホーキンスがイライザ役で主演を務め、イライザを支える友人役に「ドリーム」のオクタビア・スペンサーと「扉をたたく人」のリチャード・ジェンキンス、イライザと“彼”を追い詰める軍人ストリックランド役に「マン・オブ・スティール」のマイケル・シャノン。

『パンズ・ラビリンス』などのギレルモ・デル・トロ監督が異種間の愛を描き、第74回ベネチア国際映画祭で金獅子賞に輝いたファンタジー。

作品賞、監督賞、主演女優賞など主要部門を含む最多13部門にノミネートされた。

#シェイプオブウォーター 前売り券買った! このポスターだけでも泣けてくる。実際、ちょっと泣いた。異種愛好き的には、これだけでもう大勝利なんだ……! pic.twitter.com/NIgPL6ii6D

▼『ダンケルク』

㊗️ 『第33回米・キャスティング協会賞』の大型予算ドラマ作品部門を見事受賞しました❗️ #ダンケルク cinematoday.jp/news/N0097781 pic.twitter.com/qsShzj8y8I

ポーランドを侵攻し、そこから北フランスまで勢力を広げたドイツ軍は、戦車や航空機といった新兵器を用いた電撃的な戦いで英仏連合軍をフランス北部のダンケルクへと追い詰めていく。

この事態に危機感を抱いたイギリス首相のチャーチルは、ダンケルクに取り残された兵士40万人の救出を命じ、1940年5月26日、軍艦はもとより、民間の船舶も総動員したダイナモ作戦が発動。戦局は奇跡的な展開を迎えることとなる。

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』などのトム・ハーディ、『プルートで朝食を』などのキリアン・マーフィ、『ヘンリー五世』などのケネス・ブラナーらが出演。

「ダークナイト」「インターステラー」のクリストファー・ノーラン監督が、初めて実話をもとに描く戦争映画。史上最大の救出作戦と言われる「ダイナモ作戦」が展開された、第2次世界大戦のダンケルクの戦いを描く。

ダンケルクは帰りの飛行機で見てきたけど、噂通り面白かったし、前半なんてほとんどセリフないのに映画の世界に一気に入り込んでしまった。もう一回見たら、また違う見方ができそう。

ダンケルクくんアカデミー賞ノミネートされたんか そりゃそうか

▼『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』

映画『ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男』あらすじとキャスト cinemarche.net/drama/churchil… pic.twitter.com/NMNuOLQG0X

第2次世界大戦勃発後、ナチスドイツの勢いはとどまることを知らず、フランスの陥落も近いとうわさされる中、英国にもドイツ軍侵攻の危機が迫っていた。

ダンケルクで連合軍が苦戦を強いられている最中に、英国首相に着任したばかりのウィンストン・チャーチル(ゲイリー・オールドマン)がヨーロッパの命運を握ることになる。彼はヒトラーとの和平か徹底抗戦かという難問を突き付けられ……。

名優ゲイリー・オールドマンがイギリスの政治家ウィンストン・チャーチルを演じ、首相就任からダンケルクの戦いまでの知られざる4週間を描いた歴史ドラマ。

1 2 3 4