1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

次はこれが来る!?最近「マンガ賞」を受賞した注目作品5選

歴史あるものから近年創設されたものまで数多くある「マンガ賞」。そんな中から、最近発表された注目の「マンガ賞」受賞作品をピックアップ。大童澄瞳「映像研には手を出すな!」、斎藤けん「かわいいひと」、かわぐちかいじ「空母いぶき」、コナリミサト「凪のお暇」、芳崎せいむ「アブラカダブラ ~猟奇犯罪特捜室~」。

更新日: 2018年02月04日

96 お気に入り 192900 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

「ブロスコミックアワード2017」大賞を受賞

◆大童澄瞳『映像研には手を出すな!』

テレビガイド雑誌「TVブロス」が2008年から創設した漫画賞。

その年に新刊が発売、または発売が決まっている作品を対象に、マンガ好きのブロス関係者50人によって選考される。

10回目となる恒例企画「輝け!ブロスコミックアワード2017」も開催!大賞には、女子高生3人組がアニメ制作に挑む青春冒険録「映像研には手を出すな!」を選出。

芝浜高校に入学した主人公・浅草みどりは、アニメ制作をやりたいが、ひとりでは心細くて踏み出せない。そんな浅草氏は、同級生でカリスマ読者モデルの水崎ツバメと出会い、水崎氏もアニメーター志望であることが判明。

儲け話が好きな金森さやかを交えた3人で、自分の考えた「最強の世界」をアニメで実現するために、「映像研究会(映像研)」を発足することになる。

舞台、物語、小道具、絵柄等々がすべてアニメ作りのメタレベルでの解析になっていて、驚くべき高度な批評性がみなぎっています。

ゆうきまさみさんが絶賛してた、大童澄瞳『映像研には手を出すな!①』読了。 大傑作!名文句満載!高校生の女の子3人がアニメ制作に突進する話にこれだけ共感するのはどうかと思うけど、面白いからしょうがない。

【読んだ】「映像研には手を出すな! 1」(大童 澄瞳/小学館) 妄想、設定の巧みさ。企画、演出、プロデュースのキャラ立ち。何より創作にかける熱い思い。傑作! #図書館日和 https://t.co/uRfsekoIdn pic.twitter.com/FrcREUizV4

第3位は大童澄瞳「映像研には手を出すな!」bigcomicbros.net/comic/eizoken/ 自分の頭の中こそがワンダーランドという事実を改めて教えてくれた傑作。作者の創造世界も凄いが、プロデューサー役の存在が類似の作品からさらに世界… twitter.com/i/web/status/9…

「電子コミック大賞2018」大賞を受賞

◆斎藤けん『かわいいひと』

「みんなが選ぶ!!電子コミック大賞2018」は、17の出版社が推薦した、25の「2018年にヒットしそうな電子コミック」を読者が読み、気に入った作品に投票。得票数が最も多い作品を大賞にあたる「みんなが選んだ、2018年に最もヒットしそうな電子コミック」として発表。

電子書籍配信サイト・コミックシーモアが開催する『みんなが選ぶ!!電子コミック大賞2018』の授賞式が23日、都内で行われ、大賞に斎藤けん氏の『かわいいひと』(白泉社)が選ばれた。

死神顔のせいで怖がられる花屋の花園くん。ところが大学生の美少女・日和に突然告白されて恋人同士に。とまどいながら付き合い始めた花園くんの、日和だけが知ってる「素顔」って…!?

「かわいいひと」は目つきは怖いが笑顔が魅力的な花屋の花園森也と、彼の魅力を知った美人女子大生・日和のピュアな関係を描くほのぼのラブコメディ。

斎藤けんのかわいいひとをLINEマンガで読んでるんだけど可愛くて可愛くて

斎藤けんの「かわいいひと」購入しました! 巻を追うごとに糖度が増して大変です 糖度高めの平和なかわいい漫画を読みたい方は斎藤けんの「かわいいひと」読んでみてください。 現在5巻まで出ております

斎藤けん先生天才すぎるヽ(;▽;)ノ エロの描写が少ないのに登場人物たちの色気が溢れでちゃう! #かわいいひと#天童家物語

「第63回小学館漫画賞」を受賞(一般向け部門)

◆かわぐちかいじ『空母いぶき』

この賞は健全明瞭な少年少女向け漫画の振興をはかるため、昭和30年に設けられました。その後漫画の隆盛発展とともに、第21回からは、青年一般向け部門を設けて、より幅広くすぐれた作品を対象にすることになりました。

日本児童教育振興財団(FAJE)と小学館による共催。小学館や集英社といった一ツ橋グループから刊行された漫画が受賞するケースが多い。類似する賞に講談社漫画賞がある。

第63回小学館漫画賞の受賞作品が発表された。一般向け部門では惠谷治協力によるかわぐちかいじ「空母いぶき」と眉月じゅん「恋は雨上がりのように」が選出されている。

「空母いぶき」は、20XX年に尖閣諸島沖で海上自衛隊と中国海軍が衝突したことから編成された、空自出身の秋津を艦長にした最新鋭空母の新艦隊を描く軍事エンターテインメント。

1 2