ではその秘密を解明しましょう。
まず、1から始まり、2の倍数で進みます。1、2、4、8、16。。。16は、1+6=7となります。16の倍数は32です。32は3+2=5となります。また、7の倍数は14であり、1+4=5となります。
32の倍数は64であり、の6+4=10となります。また、5の倍数は10です。この計算を続けていくと、次のパターンで繰り返すことになります。 1、 2、 4、8、7、5、 1、 2、 4、8、7、5。。。

1から始まり逆に進んでも同じパターンになります。1の2分の1は0.5であり、0+5=5です。5の2分の1は2.5であり、2+5=7です。

しかしここにも369という数は含まれていません。つまり、369はこのパターンを超越しておりこのパターンに縛られえていないのです。

出典369の秘密について : 日本や世界や宇宙の動向

前へ 次へ