1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

田村正和版「眠狂四郎 The Final」も!注目の「時代劇」3選

2018年、注目の時代劇3選。阿部寛が女性に奉仕する“裏稼業”侍を演じる時代劇コメディ「のみとり侍」、吉岡里帆が時代劇初挑戦する田村正和版「眠狂四郎 The Final」、宮部みゆき原作を最新VFXで実写化したNHK初の怪獣時代劇「荒神(こうじん)」。

更新日: 2018年05月19日

22 お気に入り 53152 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

映画

阿部寛が女性に奉仕する“裏稼業”侍を演じる時代劇コメディ

◆『のみとり侍』(5月18日公開)

[映画ニュース] 阿部寛×鶴橋康夫監督、抱腹絶倒の時代劇「のみとり侍」で10年ぶりタッグ! eiga.com/l/g37MG pic.twitter.com/rgq1DkhD5Y

越後長岡藩藩士の小林寛之進(阿部寛)は藩主の気分を害してしまい、表向きは猫ののみとりを商売にしつつ、実態は床で女性の相手をする裏稼業「のみとり」を命じられる。

間もなく出会ったおみね(寺島しのぶ)が、最初の「のみとり」の相手となる。亡き妻にそっくりな彼女にときめく寛之進だったが「下手くそ!」とののしられ、伊達男の清兵衛(豊川悦司)から女の喜ばせ方を学んで腕を磨いていく。

「後妻業の女」などの鶴橋康夫監督が、「テルマエ・ロマエ」の阿部寛とタッグを組んだ時代劇コメディ。

歴史小説の第一人者・小松重男の傑作短編集「蚤とり侍」が原作で、そのうちの人気エピソードをもとに鶴橋監督自らが物語を再構築し、脚本を兼ねている。

寺島しのぶ(44)、豊川悦司(55)、斎藤工(36)、風間杜夫(68)、大竹しのぶ(60)、前田敦子(26)、15年ぶりの映画出演となる桂文枝(74)ら豪華キャストが名を連ねる。

・特報とポスターが解禁された

阿部寛がにらみきかす浮世絵風「のみとり侍」ポスター完成、特報映像も解禁(コメントあり) #阿部寛 natalie.mu/eiga/news/2665… pic.twitter.com/vmzeJS8fiA

映画『のみとり侍』が(5月18日公開)のティザーポスター&特報映像が25日、解禁された。

特報では、上司の逆鱗に触れ寛之進が左遷されるところからスタート。そんな悲運は“蚤とり”になってからも続き、訪れる多難に立ち向かっていく寛之進の姿が映し出される。

挙句の果てには、想い人のおみね(寺島しのぶ)から「この、下手くそが!」と言われ茫然…。また映像では、阿部さんが叫び、そして鍛えられた肉体美も披露している。

のみとり侍だっけか? 阿部寛だし猫ちゃん出てるしこれ面白そうと思ったら、トドメに松重さん出てるから観に行かなくちゃいけない。 これかー前にブログで言ってたの。

ドラマ

◆『眠狂四郎 The Final』(2月17日放送)

約半世紀ぶりに帰ってくる田村正和による時代劇、「眠狂四郎」シリーズ総決算となる「眠狂四郎 The Final」が、2月17日(土)に放送されることが決定。今作には、時代劇初挑戦となる女優・吉岡里帆が出演する。

同作は柴田錬三郎の豪剣小説が原作で、幾度となく映画・テレビドラマ化されてきた人気シリーズ。これまで何人もの名優たちが眠狂四郎を演じてきたが、その中でも異彩を放っていたのが1972年~73年の連続ドラマで主人公を演じた田村。

他に市川雷蔵、鶴田浩二、松方弘樹、片岡孝夫らが演じた

今回、同局系列の制作としてはおよそ半世紀ぶりに「田村正和×眠狂四郎」が復活する。

「The Final」では狂四郎が江戸に戻り自らの出生や運命に立ち向かい、狂四郎と同じ円月殺法を使う妖術の使い手・加賀美耀蔵(椎名桔平)と対峙する。

今回吉岡さんが演じるのは、武家の娘・操。彼女はある日突然、狂四郎の前に現れ、狂四郎のことを「父上」と呼び皆を驚かせる美しく快活な娘。狂四郎を慕うが、本当の娘なのか、その正体は…?

その他キャストに、八嶋智人(金八役)、津川雅彦(松平主水正役)、名取裕子(文字若役)らが決定している。

1 2