1. まとめトップ

ツッコミの達人【浜田雅功】その極意★「ハアー!?絶対うそやろ!」怖い人には…

2018年1月25日放送、『めざましテレビ』に出演した浜田雅功と三宅正治アナウンサーのトークが面白かったので、まとめてみました。

更新日: 2018年01月25日

0 お気に入り 1369 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

2018年1月28日(日)から復活する『ジャンクスポーツ』を前に、浜田雅功VS三宅正治アナウンサーのトークが、1月25日、『めざましテレビ』で放送となりました。面白かったのでまとめました。

mizuki36さん

✿ 浜田雅功VS三宅正治

緊張の対面

三宅「こういう形でインタビューさせてもらうのは初めて?」

浜田「初めて(笑)」

三宅「情報番組のインタビューを受けている浜田さんって見たことないですね。」

浜田「ないですよ。」

三宅「受けていただいてありがとうございます。」

浜田「何をおっしゃいますか。そりゃあもう三宅だからです。」

『ジャンクスポーツ』復活

浜田「ジャンクスポーツは現場が命だったじゃないですか?最初の頃は、ゲストの喋りも下手やし、打ち合わせ通りに喋ってくれない人もいっぱいいたじゃないですか?打ち合わせで書いている通り言うたらおもろいのに、なんでお前なりに言うねん!」

三宅「そういうこともありましたね。(笑)」

浜田「どうツッコんでやれば面白くなれるか?っていうのが、当然あったんですけど。」

2000年4月11日 第一回放送

司会・浜田雅功、当時36歳は、この番組でアスリートの魅力を引き出す、最大のポイントになっていたのが、浜田さんの容赦ないツッコミ。

このハマちゃんのツッコミをスタート当初から間近で見てきた三宅正治が、ツッコミの極意を引き出します。

✿ 浜田雅功 ツッコミの極意とは?

ツッコミで失敗したこと

三宅「ツッコミで失敗したなあと思うことはあるんですか?」

浜田「デッカイ声でツッコんで笑いがけえへんときは失敗したと思ってる。これ、一番ツッコミで恥ずかしいことです。やっぱり、トーンを上げるっていうことは、笑いを誘うためにいってますから!」

三宅「ねえ、スタッフ聞いてるか?浜田さんが大きい声で言ったら、それに返すように大きい声で笑う!」

ーー浜田、大爆笑!

オネエのようなツッコミ

三宅「あとね、ツッコミで言うとね。可愛い選手になると、ツッコミがオネエになるんですよ。」

浜田「ホンマに?」

三宅「もう、そんなに可愛い顔してぇ~。バスケットボールの五十嵐圭とか。」

浜田「まったあ、可愛いらしい顔してぇ。ねえ、ホンマにぃ。○○だったらほっとかへんでぇ。可愛い顔してっ。」

ーー五十嵐選手はずっと苦笑い

他のコメンテーターから、「怖いですよ!」と非難される浜田。

年上の人のツッコミ

三宅「けっこう、あのう、年上の人とか、ツッコミ辛くないですか?」

浜田「1回一通りちょっと喋ってみたときの相手のキャラというかね。この人、強気にいっても大丈夫かなとか、やっぱりやめとこうとか、絶対にありますから!」

怖い人はいた?

三宅「怖い人って、やっぱりいたんですか?」

浜田「普段は仕事してる。バラエティー番組に来てくれる役者さんとか、その中には怖い人はたまにはいます。」

三宅「誰ですか?」

浜田「いや、そのう、あのう、小林旭とか。めっちゃ怖かったですよ。本番中にフリスク食いだしたりして。“旭さん、本番中です”って言うたら、“いいじゃねーか!”って言われて、“ああ!どうぞ”って。」

ーー2人とも大爆笑

✿ 浜田のツッコミで見えない一面を開花

カッパを捕まえた

【元プロボクサー・長谷川穂積】

長谷川「カッパを捕まえたんですよ。」

浜田「………。」

長谷川「後ろから首を羽交い締めにしたんです。」

浜田「これは、大変なことやで!未だかつて、カッパを後ろからパッて捕まえた人間はいないんですけど。」

長谷川「オマエ何やと締め過ぎたせいもあって、“カッカッカッパ…”って。」

ーー会場が大爆笑に

浜田「お前、ウソつくなよ!」

ツッコミどころ

三宅「ここがツッコミどころという所をものすごく嗅覚を効かせて、いくじゃないですか?どこで見分けて、どうツッコんでいってるんですか?」

浜田「喋っている感じも当然見ますし、ちょっと変わっているなぁとか、こいつちょっと、突っついたら、どうなんやろとか。」

妖精を飼っていた?

1 2