1. まとめトップ

電子タバコというよりアロマ機器?!最近話題のVAPE(ベイプ)ってなんだ?

まるでアロマ機器のように煙が出る電子タバコVAPEとは一体どういったものなのでしょうか?今回はそのVAPEについて詳しく調べてみました。

更新日: 2018年01月25日

2 お気に入り 6724 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

電子タバコのVAPEについてです。

VAPE(ベイプ)とは?

VAPE(ベイプ)とは、欧米やアジア諸国を中心に大流行している次世代タイプの電子タバコです。 フレーバー付きのリキッド(液体)を電気の力を使って熱することで水蒸気を発生させ、それを吸って楽しむものです。

圧縮した煙草の葉を熱して吸引するiQos(アイコス)などの加熱式電子タバコとは異なり、VAPE(ベイプ)の煙(水蒸気)にはニコチンやタールなどを含んでいない為、イギリスなどの欧米などでは健康的な禁煙補助具としても推奨されております。

「ベイプ」とは電子タバコを吸うことを意味します。紙巻きタバコを吸うことを「smoking」と言いますが、電子タバコを吸うことを「vaping」と言うのです。しかし最近では、電子タバコベイプという商品が発売されており、電子タバコ自体を表す言葉としても使われるようになりました。電子タバコベイプはもともと欧米で流行しました。セレブが使い始めたことで徐々に広がりを見せ、一般的にも普及していったのです。

アイコスなどとVAPEは何が違うのでしょうか?

vapeは先ほどお伝えした通り、リキッドと呼ばれる液体を熱して煙を生成します。iQOSのようにタバコの葉を使用しないため、健康面ではiQOSよりも遥かに健康的なものとして認識されています。ニコチンが入っていないので依存性もないと言われていますが、vapeにも色々な噂があります。電子タバコ"と一括りにされると両者の違いがわかりづらくなってしまいますが、vapeとiQOSとは根本的に違うものだという事がおわかりいただけましたでしょうか。

一応、ここで間違いないことの確認ですが、アイコスもベイプも一般的に見て電子タバコであることに変わりはありません。なぜなら、ベイプは電気の力で水を蒸気化させてそれを吸引します。一方アイコスも電気の力で熱を発生させてタバコ葉を燃焼させ水蒸気を発生させてそれを吸引しているからです。

いくら「アイコスは加熱式タバコだから電子タバコとは呼ばないように」と言っても、それは根本が同じ電子の力を利用しているのだから、同じ名称で言っても仕方ないことかと思います。

VAPEが人気の訳

タバコが健康に害を及ぼす大きな原因はタールでした。これはタバコに火をつけることで発生します。しかし、電子タバコは火を使わないためタールを発生しません。なので、電子タバコは健康に良いと言われているのです。

電子タバコVAPEは水蒸気が発生します。これがタバコの臨場感を生み出します。さらにリキッドにはニコチン入りのものもあるので、喫煙者でも満足できるでしょう。

スイーツ感覚で楽しみたいなら、チョコレート味、オレンジ味、グレープフルーツ味、ストロベリー味……と、無数に存在します。当初は、禁煙グッズとして認知されていましたが、現在ではそれ以外の目的でも使用されています。女性のなかには、オシャレの一環として愛用している人もいます。

VAPEがアロマ機器みたいと言われている理由

VAPEにおいて香りの決め手となるリキッドにあります。
リキッドの種類によっては、VAPE以外の別の何かを想像しませんか?

ミント、各種フルーツ、コーヒーと言った心休まる香りのフレーバー…。もうお分かりでしょう、「アロマテラピー」です!芳醇な香りを楽しむという共通点から、VAPEの意外な効能が見えてくるのです。

甘酸っぱいリアルなオレンジや駄菓子っぽいアーティフィシャルなオレンジなどなど、VAPEのリキッドには様々なタイプのオレンジフレーバーが存在していますが、VAPE SICKのきよみはそのどれにも属さない孤高のオレンジフレーバーです。

ビターかつエッジの効いたオレンジピールのような芳しい味わいはもはやアロマオイル。
その香りは気分を落ち着かせるとか集中力をアップさせるとかそういう効能がありそうなほど。

この動画を見てもらえればわかる通り煙の量が多いことも一つの理由です。

VAPEリキッドにはどんなフレーバーがあるの?

バーなどで飲むジントニックよりは、缶チューハイのジントニック寄りの香りですが、甘さも控えめでスッキリと吸えます。個人的にはメンソールリキッドを追加する事も多く、その方がジントニック感が増して缶チューハイジントニック感が減ります

VAPEは本当に害がないの?

あくまで個人的な結論ではありますが紙の煙草・iQOSなどの次世代煙草よりも健康への害は少ないのがVAPE(ベイプ)だと判断しています。

電子タバコにはタバコの三害(ニコチン、タール、一酸化炭素)が含まれていないことは大きなポイントですが、だからと言ってこちらの方が安全だとは言い切れないのです。その理由は、電子タバコの蒸気にどんな有害物質が潜んでいるかが明らかにされていないからです。

ベイプを使用している人

1 2