タダでお試しも…!「App Store」から朗報が続いてる件

iPhoneユーザー必見!実はいま、App Storeがこんなに進化しているんです。

更新日: 2018年01月25日

65 お気に入り 188918 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

アプリのおためしができるように!

まだアプリは限られていますが、よくある「無料トライアル」ができるようになりました

App Storeアプリの「App」タブ内に、「無料トライアル」のコーナーが追加され、アプリ内課金の有料サブスクリプションの料金が初回のみ無料で試すことができるアプリが紹介されています

インストールしたことのないアプリの場合、「無料トライアル」のボタンが表示され、ボタンをタップすると無料期間とトライアル終了後の料金体系が表示されます

過去にインストールされたアプリの場合、有料登録の案内が表示される。

アプリによってトライアル期間やその後の課金形態が異なるので注意しましょう

実は、アプリの事前予約も可能に…

App Storeの仕様変更でアプリの事前告知が可能に、超人気作品も予約して自動DLできる【ニュース ―MdN Design Interactive edition―】 forest.watch.impress.co.jp/docs/serial/ne… pic.twitter.com/yXU8ytgM17

欲しいと思ったアプリを、配信後にお知らせしてくれる。

(もちろん、)AppStoreや「iTunes」の設定から予約をキャンセルすることも可能

予約するとリリース時に通知が届き、自動的にアプリがデバイスにダウンロードされる

自動ダウンロードを有効にすると、そのままDLしてくれる。

アプリの事前人気を探るマーケティングや、サーバーへの負荷の予測、リリース前に知名度を上げて市場を温めておくなど、様々なメリットが挙げられます

スマホゲーム問題には、ついにメスが

「有料ガチャ確率」明記を義務付け 「App Store審査ガイドライン」日本語版 itmedia.co.jp/news/articles/… pic.twitter.com/zIPVVTIeHl

日本では以前からたびたび問題になっているガチャ課金。

Appleは開発者向けに公開しているApp Store審査ガイドラインに、「ガチャの排出率表記」を義務付ける内容が新たに盛り込んだ

アメリカも、確率を明示するよう定める法律のない国だったため、今回のAppleの「App Store審査ガイドライン」改訂は驚きを持って受け止められています

(ただし、)アプリ提供各社の対応はさまざまで、レア度に応じた確率のみの表記、各レア度とともにキャラクターやアイテムごとの確率詳細の表記など、開示情報に差がある状態が続いています

今回のガイドラインによって、アプリの変更が行われていく模様。

1