1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

nomado-kimocさん

蘆笛岩(ろてきがん)

【中国】 光明山 ここは『蘆笛岩』といい、中国で人気の観光スポットです。夏は涼しく、冬は暖かいので天然のエアコンとも呼ばれています。 照明のとりつけと、道の整備いがいは手をつけていないので自然の姿の蘆笛岩を楽しむことができます。 pic.twitter.com/Ihg0l3kroX

中国南部に位置する桂林市には、蘆笛岩(ろてきがん)と呼ばれる全長2kmの巨大な鍾乳洞があります。

石灰岩によって形成されたこの洞窟は、カラフルなライトアップも相まって、さながら海底のような幻想的な空間が広がっています。

蘆笛岩鍾乳洞。1959年に発見された桂林最大の鍾乳洞で、石灰岩でできている。(広西チワン族自治区) pic.twitter.com/Fmpg1pmGFq

イエローナイフのオーロラ

カナダ:イエローナイフ カナダ北部、オーロラベルトの真下に位置し、オーロラの出現率が高いことで有名☆☆ pic.twitter.com/8LRFIJn16u世界の絶景 美しい

カナダ・イエローナイフはオーロラベルトの真下に位置しており、オーロラの聖地として有名な街です。

内陸性気候のため、晴天率が高く、高いオーロラ観測率がイエローナイフの魅力です。

オーロラで有名な カナダのイエローナイフ そこでまれに発生する 「オーロラ爆発」は、 空一面にオーロラが広がる、 息をのむような絶景! シーズンは年2回 冬シーズン…11月中旬から4月上旬 夏シーズン…8月中旬から9月下旬 pic.twitter.com/R2yuzhsp6A

イエローナイフ / カナダ 世界にはいくつかオーロラを観れるスポットがありますが、お勧めしたいのはカナダの「イエローナイフ」。なかなか見ることのできないオーロラはある意味運試しかも。 pic.twitter.com/1j1wwSRufn

一生に一度は見たい!「オーロラ」イエローナイフで 最上級は「ブレイクアップ」と呼ばれるもので、空の四方八方から色とりどりのオーロラが出現し、天空で花火のように爆発! goo.gl/Np8z7n pic.twitter.com/rJm5MAv3xp<

カナダのイエローナイフ イエローナイフでは稀に「ブレイクアップ」というオーロラが空一面に広がる現象が発生して、辺り一面が幻想的な景色に包まれます pic.twitter.com/x2X3JIVpsc

ウユニ塩湖

湖面に雨水がうっすら張り、天気・風などの様々な条件が揃って初めて奇跡の景観を楽しめます。

有名なのは何と言ってもウユニ塩湖です 空と大地が全部空になる光景がうまくいけば見られます pic.twitter.com/4sWMqzjJN0

マーブル・カテドラル

マーブルカテドラルは、チリ・アルゼンチン南部の、大自然が広がるパタゴニアにあります。

石灰質の大理石が波によって侵食され、そこにターコイズブルーの水面に反射した日光が差し込み、無限の煌めきを作り上げています。

【チリ】 マーブル・カテドラル 大理石の浸食によってできた美しすぎるアート。大理石でできた岩が浸食によって削られ、教会の聖堂のように見えることから、この名前がつけられています。 pic.twitter.com/ax3SG2XkKz

1 2