1. まとめトップ
  2. 雑学

個性と捉えちゃえばいいのかも!「コンプレックス」との向き合い方

コンプレックス、実は持っていた方がいいのかも知れません。

更新日: 2018年01月27日

42 お気に入り 22243 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

自分に対してのコンプレックスをあなたは持っていますか?「ない方がいい!」なんて思ってしまいますが、実はコンプレックスってそんなに悪いものでもないようです。その理由をまとめました。

stoneflowerさん

▼コンプレックスのひとつやふたつ、誰にでもある。

▼自分の嫌いな所なんて山のようにある!みんなの悩みも尽きない。

目と目が離れすぎてる、だんご鼻、狭い二重幅、たらこ唇、顔が大きい 足が太い、爪の形が変、背が小さい、 コンプレックスばっかり

▼でも、実はコンプレックスってあってもいいみたいだよ?

人類には、コンプレックスという名のエネルギーが必要です。
コンプレックスは、絶大なエネルギーの塊です。

コンプレックスは、生まれついての美人には決して手に出来ないものを与えてくれるのです。それは、「美の基準を覆せるチカラ」

「私は人より劣っているから、自分は人の2倍努力しないとできるようにならないから」と思って努力を惜しまないなら、あなたにとって、人の2倍努力するという行動のモチベーションになっている

□ない方がいいと思うのに…なぜ持っていた方がいいの?

・他の人とはちょっと違う、自分の「個性」となる。

求めるべきは若さや不備のないキレイでなく、自分のキャラクター

昔は自分のコンプレックスばっかり気になって、すごいイヤだった。 今はわりと大人になってきたので、そうゆうのも含め自分だし、一生この自分と付き合っていくわけだから、受け入れてあげたほうがラクだなーと思う。 そう考えたら、自分のことをちゃんと好きになってあげることができたよ。

・コンプレックスを持っている悔しさが「バネ」になる。

コンプレックスをバネにする人と コンプレックスを言い訳にする人の差は大きい。

1 2