うわ、まじか。。いま思わぬ「クレカ被害」が急増してる

メリットがある反面、気づいたら被害に遭ってるケースも増えてるみたい…

更新日: 2018年01月29日

59 お気に入り 235487 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

意図しない「リボ払い」が急増中

カードの「リボ払い」とは、自分で設定した一定額を毎月支払う方法で、「分割払い」ともまた異なる方法

毎月の支払いが一定額に抑えられ計画が立てやすい一方、手数料が高く返済が滞ってしまう人が多い。

国民生活センターに寄せられるリボ払いの相談件数は、2006年度の197件から2016年度には800件超に増えた

トラブルや相談は年々増加傾向。

時には、クレジットカードをつくったつもりが説明なくリボ専用カードになったというハナシも。。

優遇措置に目を奪われ、リボ払いであることを見落として、カードに加入する消費者も少なくない

口座残高が足りない場合に、自動的にリボ払いに移行されるものも。

そのため、苦労する人がゾクゾクと…

未払いの支払い残高が増えることで毎月の支払額が自動的に増えてしまう「残高スライド方式」などもあります

快適かつ安全に使うためには残高をきちんと管理して、増え過ぎないようにする必要があります

分割払いを何度も繰り返すと「前々回の残高に、前回の残高と今回の残高が乗る」という風にして、支払額がどんどん増えていきます

(自己破綻が増えたことで、)クレジット業界の総合団体である一般社団法人日本クレジット協会もリボ払いの注意喚起を行っている

こうならないために注意したいことが

【注意すること1】
「知らずにリボ払い」にならないためには、まずは毎月の明細をしっかりと確認する

【注意すること2】
リボ払いを使う時は細かくチェックして、残高が増えすぎないように調整する

支払いが続いているときには支払い金額を引き上げることで「一括払い」と同様に一度に支払うようにすることや、支払い金額の上限まで引き上げて支払回数を減らすことで手数料の負担が減る

それ以上使わないようにするには、カードを解約するか、使わないことがベスト。

(知らずに)自分のカードがリボ払いの設定になっていた場合は、カード会社に連絡を。今は電話一本で支払い設定の変更ができます

(消費生活評論家)

1