1. まとめトップ

モンハン実況者mimusuさんについてまとめてみた

主にモンスターハンターシリーズを実況しているmimusuさん(正しくはmimusu1634)についてまとめてみました。

更新日: 2018年03月08日

0 お気に入り 2895 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

朧隠さん

1,チャンネルについて

チャンネル登録者数は99,970人
視聴回数は55,181,897回   (2018年2月13日現在)

mimusu氏のチャンネルアイコンは煌黒槍アルトラスとなっています。

mimusu氏は、主にモンスターハンターシリーズ(特にMHF)を実況しているが、スプラトゥーンやファークライ プライマルなども過去に実況していた。

モンスターハンターフロンティアやモンスターハンターダブルクロスなどはゆっくりを使って実況をしているが、先述の二つのゲームに加えて過去にはモンスターハンター3G HDやモンスターハンター4・4G、モンスターハンタークロスなどの肉声実況もしていた。

また、ほとんどのモンスターハンターシリーズでTAに挑戦している。

2,「mimusu」という名の由来は?

この恐竜の名前から。「ミムス」の学名の意味は似たもの、もどき、など。

オルニトミムス(Ornithomimus。オルニソミムスの表記も見られる)は、白亜紀後期マーストリヒト期に、現在の北米大陸に生息していた、オルニトミムス属に含まれる非鳥類型獣脚類の恐竜の総称である。学名の意味は「鳥(ornith)に似たもの(mimus)」(中国でも『似鳥龍(スーニャオロン)』と呼ばれる)。一般にダチョウ恐竜とも形容されるオルニトミムス科を代表する恐竜で、三本指の脚、細長い腕、長い首、鳥のような頭で特徴付けられる。ダチョウに似た姿で同様に足が速かったとされる。2012年には、カルガリー大学や北海道大学などの研究チームより羽毛を生やしていた可能性が報告された

3,mimusu氏の実況ってどんな感じ?

4,生声実況者としてのmimusu氏

はきはきとした声で聞き取り易い。また、MH3G HD では(動画を)撮りたくなったから撮るといった発言に加え、どんな時でも冷静にモンスターを狩るという、モンハン実況者の鑑。(個人の意見です)

5,ゆっくり実況者としてのmimusu氏

・犬より猫派、でもメラルーは勘弁。
・動画の基本構成は、一戦目→二戦目→おまけ、となっている。
・ネタや茶番も入れながら、モンスターの生態を詳しく解説。
・プレイヤースキルも相当で、プレイングの手本にもなる。
・質問返信も行い、また、視聴者の声をよく聞いてそれを上手く動画に取り入れている。
・よく使うのはアニメネタ。

6,実況のオトモ

mimusu氏の動画の解説役、モンスターの生態や行動パターンを詳しく説明。

煌黒龍の巨角を模した龍槍。
不可解な形状は異界への扉を開く鍵だとも言われている。

本人はロリコンだということを否定しているが、ホットココアよりカプチーノ派、南方より北方、また、視聴者からのイラストのロリ漆黒爪(後述)に反応してしまったこと、更には酔った勢いで「アイリスちゃん可愛い」と発言してしまったことでロリコンの位置づけが確定してしまっている。

アルスタ(後述)が来てから自ら認めてしまった。

一番まともな、動画のツッコミ役。

狂気の龍鎚。
光に惑いし心弱き者が持てば、精神はのみ込まれニ度と人の心は戻らない。

MHF実況ではパートニャーとなっているが、mimusu氏からは糞猫扱いされ、本人も猫に成り切ってしまい、「笛を吹いたら後は地中で寝ていれば良い」と発言している。
なお、後述の漆黒爪が登場したことによりマジメ系ツッコミキャラの立場が崩れかけた。(漆黒爪がツッコミ役というわけではない)

人の世に仇なす魔鎌。
龍の武器を扱う者はいずれ闇に魅入られ光を喰らう怪物へ身をやつす。

MHF実況のヴォ―ジャン回にて初登場。…かと思われたが、実はMHF実況のゼルレウス回からホルクとして狩りに参加していた。キャラクターとしての登場時には発言に下ネタやwを入れすぎたため、視聴者の意見は賛否に分かれたが虫が嫌いなことやMHF実況フルフル回の事もあって、今では視聴者に好かれるキャラになっている。

ちなみに、mimusu氏が過去に武器として使用し始めたのがアルメタより速かった為、漆黒爪の方が先輩ということになっている(二人の先輩はもちろんアルトラス)。

妖しき煌剣。
剣を手にした者は姿なき声に誘われ、囁く声の導くまま無明の闇へと消える。

1 2