1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

感動の光景が…エキシビションの最中に起きた停電にファンが神対応!

台湾で行われたフィギュアスケート四大陸選手権のエキシビションの最中にまさかの停電…。薄暗いリンクに灯されたファンのスマホの明かりの中で、選手たちがパフォーマンスを見せていました。

更新日: 2018年01月27日

22 お気に入り 55765 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

フィギュアスケートのエキシビションの演技中に起きたトラブルにファンが結束した!

nyokikeさん

▼フィギュアスケート四大陸選手権のエキシビションが行われている最中に停電が起きた

【四大陸選手権】エキシビション中にまさかの停電 観客がスマホで光 news.livedoor.com/article/detail… 多くのファンがスマホの懐中電灯機能で明かりをリンクに向け、会場はハプニングに負けない温かな雰囲気に包まれた。 pic.twitter.com/nVudIFNI16

終盤、優勝した米国ペアのケイン・オシェア組の演技中に、突如、会場が停電。照明が落ち、音楽が止まったが、非常灯がともる中2人は手を取り合い演技を続けた。

・薄暗いリンクを照らすスマホの明かりが幻想的な空間を演出

大トリだった男子シングル優勝の金博洋(中国)は結局エキシビションナンバーを披露できず。しかし氷上に姿を見せると、多くのファンがスマートフォンの懐中電灯機能で明かりをリンクへ向け、幻想的な“手作りリンク”が完成。

すると、予備電源と見られる薄暗い光に照らされたリンクに、出演者が次々と登場。宮原知子(19=関大)、宇野昌磨(20=トヨタ自動車)らの姿もあった。

・ファンの応援に応える選手たち

それに応えるように、男子のエラジ・バルデ(カナダ)が後方宙返りをしたり、金博洋が4回転ルッツを披露したりして盛り上げた。国同士が緊張関係にある米国と北朝鮮のペアも協力して技を披露する一幕もあった。

歓声を音楽代わりにして、即興と見られるパフォーマンスを次々と披露。

その中で出演選手によるフィナーレも行われ、会場はハプニングに負けない温かな雰囲気に包まれた。

▼停電の原因は変電所のトラブルだった

大会主催者によると、会場となった台北アリーナの2005年の開業以来、初の電源トラブル。電力会社の変電所のブレーカーが落ちた。観覧は無料だったため、払い戻しはないという。

選手に対し「最後までパフォーマンスしてくれて本当に感謝しているし、観客の皆さんにも感謝しています」と話した。

▼ファンが選手に神対応! Twitterではこのシーンに賞賛の声が集まっていました

フィギュアスケート初生観戦!!!凄すぎて震えてた……そしてエキシビの時まさかの停電… pic.twitter.com/WhTLZNXPBH

フィギュアのエキシビ中にまさか停電…スマホで光、観衆サポートに台湾協会「感謝」(デイリースポーツ) headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180127-… 美しい観客の神対応

フィギュア 停電でファンが光 2018年1月27日 news.yahoo.co.jp/pickup/6269994 こんなこともあるんだね

演出じゃないけど、すごくいいね。 フィギュアのエキシビ中にまさか停電…スマホで光、観衆サポートに台湾協会「感謝」(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180127-… @YahooNewsTopics

すごいなぁ…さすが台湾! フィギュア 停電でファンが光 2018年1月27日 news.yahoo.co.jp/pickup/6269994

うわぁ、このシーンは見たいわぁ。スポーツニュースかなんかで見られないかな? #mitazo フィギュア演技中に停電 観客がスマホのライトで応援:朝日新聞デジタル asahi.com/articles/ASL1W…

ハプニングは残念だったけど、ファンの方々素敵です(*^^*) フィギュア 停電でファンが光 2018年1月27日 news.yahoo.co.jp/pickup/6269994

1 2