1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

jcc_2020さん

腕時計

もし腕時計を贈られたのだとしたら、少なくともあなたとは誠実な関係を望んでいます。男性は腕時計に一種のステータスがあり、自分のセンスや収入をアピールするアイテムのひとつ。

腕時計というものは、相手の腕を縛りつける物です。
また、腕時計のデザインが、相手のカラーを染めますので、自分色に染めた気分にもなれます。

自己中心的で相手がどんなことを考えているのか知ろうともしません。
思い込みが激しく、お金がすべてであると考えており、常識のバランスが取れていません。

男性から女性への場合は「同じ時を歩んでいこう」
女性から男性への場合は「貴方の時間を束縛したい」
親から子への場合は「勤勉に」
という意味があるそうです。

アクセサリー

日本では、指輪というのは
婚約指輪や結婚指輪に代表されるように、永遠を共にしたい相手に贈るもの
薬指にはめることで、すでに恋人がいるということが周知される
こういったことから、かなり恋人のことを愛しているということがうかがえます。

指輪は婚約の時にも使われるように、永遠の愛の証です。指輪をプレゼントする男性は、かなり本気度が高いと言えるでしょう。

自分と会っていなくても、自分の分身であるアクセサリーを着けてもらっていることで安心する性格をしており、ある意味では、あなたがいつもそばにいないと落ち着かないタイプです。性格的にも愛情が強い反面、嫉妬心や強く、メールなどでいつもあなたの所在を確かめようとします。

もし、買ったあとに、何度も「今日付けてないね?」や「いつも付けてる?」と言う人は注意です。
束縛感情が強いことがうかがえます。

・指輪~独占欲、マーキング、大切
・ネックレス~独占、束縛
・ブレスレット~独占
・ピアス、イヤリング~自己主張、自分の存在を感じて

ハンカチ

ハンカチは漢字で『手巾(てぎれ)』と書くので、縁を切るという意味があります。もしかしたら爽やかなハンカチのプレゼントには縁を切りたいという思いが込められているかもしれません。

財布

こだわりを持つ方も多いプレゼントですが、財布には「いつもあなたのそばにいたい」という意味が込められています。
恋人からもらったのであればもちろんですが、気になる男性からもらったときでもうれしいですよね。

洋服

中世の時代、「僕のシャツを作ってほしい」という言葉がプロポーズの意味だった国もあるとか。

「過去に何度か洋服をプレゼントしたことがあります。彼女には伝えていませんが、その真意は『その服を脱がせたい』ですね。プレゼントした服を着てくれたときはずっと落ち着かない気持ちでした(笑)」(33歳/保険)

自分の理想や考え方を相手に押し付けるタイプで、相手の考えを理解しようとしていない自己中な性格かも。
また、あなたのことを自分好みに変えたいという願望の表れでもあります。

口紅

1 2 3