1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

行政処分や日本円で返金も‥仮想通貨流出で新たにわかってきたこと

仮想通貨ネム(NEM)の巨額流出被害が発生した仮想通貨取引所大手のコインチェックは、不正に引き出された仮想通貨ネムの顧客への補償方針を発表しました。

更新日: 2018年01月28日

13 お気に入り 70225 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kyama77さん

●仮想通貨約580億円の流出で謝罪会見した「コインチェック」

国内2位の仮想通貨の取引所「コインチェック」は、顧客の資産約580億円相当が不正に外部に送金されたと発表

サービスを運営するコインチェックは1月26日、その詳細を説明する会見を東京証券取引所で行った。

●会見冒頭で社長らが謝罪

コインチェックの和田晃一良(こういちろう)社長と大塚雄介取締役らは同日深夜に東京都内で記者会見。

問題の発生を受けて、コインチェックの本社の前には多くの投資家らが集まりました。

●不正に送金されたのは「ネム」と呼ばれる仮想通貨

流出したのは顧客が預けていた資産で、会社が事態を把握したのは仮想通貨が流出してから8時間余りがたった26日午前11時半ごろ

・流出したNEMは全て顧客の資産という

流出したNEMは全て顧客の資産で、今後はNEMの財団や国内外の取引所に対し売買停止を要請、追跡していくとしています。

会社は金融庁や警視庁に報告するとともに原因の究明や流出先の調査を進めていますが、売買や出金を再開させるめどは立っていないとしました。

・ほかの仮想通貨では流出などは起きていないという

取り扱っている仮想通貨の大半について、売買や日本円での出金を停止するなどの措置をとり、

●そんな中「コインチェック」が仮想通貨ネム相当額を日本円で返金すると発表

仮想通貨ネムの巨額流出被害が発生した仮想通貨取引所大手のコインチェックは、

・返金時のレートは、売買停止期間中の他社取引価格を基に算出

1 2 3