1. まとめトップ

ドイツ大使館「私たちは忘れません」などドイツ政府と歴史問題に関する件をいろいろ記録

ドイツ大使館「1月27日はホロコースト犠牲者を想起する国際デー。#私たちは忘れません」などドイツ政府と歴史問題に関する件をいろいろ記録。

更新日: 2020年01月16日

2 お気に入り 1184 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

hiraoyogiさん

記録

昨日開催された、日本在住唯一のホロコーストサバイバー、ツェグレディ氏と高校生の対談。出席した文化課長メラー氏:『この否定できない犯罪は過去との取組みにおけるドイツ政治の基本的要素となっています。次世代に大切さを認識させ、歴史的背景の啓蒙活動を行う事は私達の義務です』 #WeRemember pic.twitter.com/NEkas72wi2

1月27日はホロコースト犠牲者を想起する国際デー。 ホロコーストの記憶を風化させず、ナチス犠牲者への追悼の念を胸に抱き続けられるのか。それは、私たち次第です。今日、ホロコーストの日だけではいけないのです。 #WeRemember #私たちは忘れません @IsraelinJapan pic.twitter.com/yQ16erjl2h

ベンアリ駐日イスラエル大使と #WeRemember に参加したフォン・ヴェアテルン大使:『あらゆる人の人権尊重を心がけ、排除や憎悪、また非人間的行為を許さないよう私達は毎日の営みの中でホロコーストを思い、自らを戒めなければならない』 @IsraelinJapan #私たちは忘れません #HolocaustRemembranceDay pic.twitter.com/MI9kk82xhN

@GermanyinJapan @IsraelinJapan 国家として、事実に向き合い、「決して繰り返してはならない」とする政治のあり方に、敬意を表します。

ドイツのホロコーストの国際デー。風化させないように、そして、自国の過去の過ちを反省し続けるのは、大切なことだと思う。 https://t.co/eCAWP4sXpp

日本とドイツの違いがここにある。世界中のドイツ大使館が今日同様のツイートをしているのだろう。 https://t.co/gx4HqeavtL

日本大使館もこれぐらいの対応をしてほしい。ドイツのこういういいところ見習ってほしい。 https://t.co/LpirEuNNe3

日本と真逆すぎてつらい。どっちが尊敬されてどっちが軽蔑されるか誰だってわかると思うのだけど、日本社会ここんとこはもうほぼ総出で逆行くセンスがつらすぎる。https://t.co/zIlYmSC45E

追加

ホロコーストの犠牲となった少女の遺品の物語『 #ハンナのかばん 』による教育活動に対して @npo_therc ホロコースト教育資料センターに独外務省から助成金30000€ が贈られ、フォン・ヴェルテルン大使は「こうした活動を支援できることは私達の喜びでもあります」と述べました。 #石岡史子 理事長と。 pic.twitter.com/NLFHWUXr8j

11月9日は、80年前の1938年にドイツ全土で反ユダヤ主義暴動「11月ポグロム」が起きた日でもあります。#シュタインマイヤー大統領 はベルリンのシナゴーグの追悼式典に参列。これに先立つ連邦議会での演説でポグロムにも触れ、歴史から本当に学んだことを行動で証明しなければならないと述べました。 pic.twitter.com/VFpa2AUpLq

1944年の今日7月20日は、ヒトラーの暗殺未遂事件があった日。軍の一部の将校らがナチス支配に対抗し、クーデターを試みました。結果は失敗におわり、この事件に関わったとされる多くの人が処刑されました(画像)。そしてその中には、外務省の職員も13名いました。 pic.twitter.com/8uZsdri3eo

ドイツ外務省内には、この事件やその他の形でナチス支配に対抗し処刑された外務省職員と、これまでに殉職した職員の名前を記し、追悼した壁があります。彼らは勇気と責任感を持つ模範であり、今日まで、そしてこれからの職務の指針となるべく、その壁はあえて建物内の職員の目につく場所にあります。

昨日7月29日の #GoogleDoodle はドイツでも #杉原千畝 氏。ナチスの迫害から逃れるユダヤ難民らにビザを発給し、6千人以上といわれる多くの命を救った日本の外交官について、これまであまりドイツでは知られていませんでしたが、昨日をきっかけに多く報じられましたgoogle.com/doodles/celebr…

第2次世界対戦中にドイツが残虐・犯罪行為を行った場所は数え切れないほどありますが、中でもポーランド ワルシャワは特に大きな被害を受けた場所です。 ドイツ占領下のこの町では2度、ナチスの非人道的な支配に抵抗した蜂起があり、2度とも暴力的に鎮圧されました。

1943年4月19日、ワルシャワ・ゲットーのユダヤ人らが蜂起。ほぼ非武装の彼らは約1ヶ月に渡りナチス親衛隊とドイツ国防軍に抵抗しました。 また1944年8月1日には、ポーランド国内軍がドイツ軍に抵抗し蜂起しました。「ワルシャワ蜂起」です。

ドイツ軍の徹底的な反撃によりワルシャワの町はほぼ完全に破壊され、15万〜20万人が殺害されました。そのうちWola地区だけで3万〜5万人が殺害されました。 このワルシャワ蜂起から今日で75年。追悼式典に出席するため、マース連邦外務大臣はワルシャワを訪れています。 pic.twitter.com/CeM4QwfXaZ

マース外相は、ポーランドのヤツェク・チャプトヴィチ外務大臣とともにワルシャワ蜂起の記念碑に花輪を献げました。またWola地区の大量殺戮があった場所や、ワルシャワ蜂起博物館を訪れました。 両外相は、この残酷な歴史を風化させることなく未来への橋渡しとできるよう、共に力を尽くしています。 pic.twitter.com/m9rHnhaeNX

マース連邦外務大臣 「ドイツ人によって、またドイツの名のもとにこの町で犯された罪は、言葉では言い表すことはできません。ドイツはこの凄惨な行いに対して責任を負っています。」 pic.twitter.com/RxYm3gZ6tB

German Chancellor Angela Merkel & Polish PM @MorawieckiM paid tribute to all the victims of the German Nazi Auschwitz concentration and extermination camp at the Wall of Death. pic.twitter.com/79pAmp34Ce

【国際】メルケル首相がアウシュビッツ初訪問 過去謝罪「虐殺の責任 終わりない」 tokyo-np.co.jp/article/world/…

ホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)の象徴である同収容所の跡地を訪れたのは、ドイツ首相としてはメルケル氏が3人目。1945年1月27日に同収容所がソ連軍によって解放されてから来月で75年となり、メルケル氏による同地訪問は重要な政治的メッセージと受け止められている。afpbb.com/articles/-/325…

オランダで計画中のホロコースト博物館に、ドイツ政府が400万ユーロ(約五億円)を寄付、という英ガーディアン記事。ドイツ外相「この博物館は若者にこの主題について熟知させ、民主主義と普遍的な基本的人権の重要性を強調する」「我々はわが国の暗い時代の記憶を共有する」 theguardian.com/world/2020/jan…

日本政府も「歴史戦」なんぞにつぎ込んでる予算をこういうふうに使えばいいのに。/German-funded Dutch museum to honour victims of Nazi 'machine' theguardian.com/world/2020/jan…

河野談話

1 2