1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

「皆既月食」観察会も!だれでも利用できる全国の「天文台」

1月31日は3年ぶりの「皆既月食」。観望会(観察会)も開かれる、全国の「公開天文台」をピックアップ。旭川市科学館サイパル、大田原市ふれあいの丘天文館、うすだスタードーム、セーレンプラネット 福井市自然史博物館分館、綾部市天文館パオ、加古川市立少年自然の家、岡山天文博物館、関崎海星館。

更新日: 2018年02月01日

20 お気に入り 36507 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆1月31日は3年ぶりとなる「皆既月食」

明るく輝いていた満月が地球の影に入ることで赤黒く光る「皆既月食」が31日夜、日本全国で見られる。北海道から沖縄にかかる広い地域で観察できるのは2015年4月以来。

国立天文台によると今回日本は条件がよく、またそのタイミングも夜遅すぎない時刻に起こるため比較的見やすいとのこと。月が欠け始める「部分食」が20時48分頃から始まり、21時51分には完全に欠けて「皆既食」が始まります。

皆既月食は、月が地球の影に完全に隠されて、赤黒く変色した満月が見える天体ショーです。地球の影の奥深くまで入り込むことから、皆既の間は月の色の変化にも注目です。

◆「皆既月食」観察会も開かれる日本の天文台

北海道

▼旭川市科学館サイパル(北海道旭川市)

科学について楽しく体験して学べる科学館。「北国」「地球」「宇宙」をテーマにした展示スペース、実験や研究に利用できる各種実験室や学習室、天体や天文に関する知識を学べるプラネタリウムや天文台を収容している。

平成29年度「天体を見る会」
●1月31日(水曜日)「皆既月食の観測」 午後8時から午後11時30分
料金:無料 お申し込み不要

他にも北海道では「りくべつ宇宙地球科学館(銀河の森天文台)」、「なよろ市立天文台 きたすばる」、「丘のまち郷土学館『美宙』・美宙天文台」で皆既月食観望会を開催

関東

▼大田原市ふれあいの丘天文館(栃木県大田原市)

宿泊施設や工芸体験施設、自然観察館などがある「ふれあいの丘」の敷地内にある天文館。ここには、栃木県で2番目に大きな天体望遠鏡があり、環境省実施の「スターウォッチング・ネットワーク」で、過去4回も日本一になったほどのきれいな星空が眺められます。

天文現象イベント 皆既月食観望会
1月31日(水) 午後8時 ~ 午後10時30分
募集定員100名 先着順(定員になり次第締め切り)

他にも関東では「六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー」で皆既月食観望会を開催

中部

▼うすだスタードーム(長野県佐久市)

一般の人々が気軽に利用できる天体観測施設として1996年11月にオープンした。コンピュータ制御による反射望遠鏡(口径60cm)や屈折望遠鏡(口径20cm)をはじめ、写真やビデオの撮影システム、研修室など本格的な設備を一般に開放している。

皆既月食観望会
1月31日(水曜日) 午後9時から12時(自由解散)
予約は不要

▼セーレンプラネット 福井市自然史博物館分館(福井県福井市)

宇宙の仕組みを楽しく、分かりやすく学べる自然科学博物館。最大の魅力は日本初のリアル8K(ハイビジョン映像の16倍)のドームシアター!プラネタリウム投影では肉眼では見ることができない暗い星まで忠実に再現。臨場感あふれる映像と音響。

1 2