1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

メジャーリーグ挑戦を宣言したあの投手はどうなったの。

今年は新たにメジャー挑戦宣言をした日本人投手が4人。もうすぐキャンプインですが移籍先はどうなった…平野佳寿、牧田和久、涌井秀章、大谷翔平

更新日: 2018年02月04日

5 お気に入り 46609 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

pinkswan999さん

◎もうすぐキャンプイン。今年もメジャーリーグが楽しみ。

毎年プロ野球のキャンプインと共に今年も野球のシーズンが始まるとワクワクしてきます。

◎気になるのは日本人選手の活躍…今年メジャー挑戦した選手はどうなったの。

▼オリックスから海外FA、メジャー挑戦の平野佳寿投手

WBCのあと、メジャーの複数球団が平野に興味を持っていると聞き、メジャー挑戦への思いが高まっていった。

'13年からはクローザーを務め、'14年にはここでもリーグ新記録の40セーブを挙げ、最多セーブに輝いた。

ダイヤモンドバックスへ移籍が決定

FA権を行使しメジャー挑戦を目指していた平野佳寿が、アリゾナ・ダイヤモンドバックスに移籍することが決まった。

高評価を与える球団が増していくなかで、実は熱心にラブコールを送っていたのがDバックスだった。

大リーグのダイヤモンドバックスに入団が決まった平野投手が、記者会見を行いました。後ほど、詳報します。 #Bs2017 pic.twitter.com/oaps8OOgo0

平野が移籍は知ってたけど、ダイヤモンドバックスなんだねぇ。

▼西武からポスティングシステムでメジャー挑戦、牧田和久投手

牧田は静岡・静清工高(現静清高)、平成国際大から日本通運を経て2011年にドラフト2位で西武に入団し、新人王に輝いた。

投手vs.打者の勝負では、タイミングを巡る駆け引きこそ最も大事なポイントだ。牧田はこの点に長けるから国際舞台、そして西武での7年間で276試合に登板して防御率2.83と結果を残してきた。

パドレスへの移籍が決まりましたね

所沢市内の球団事務所内で移籍の報告会見を行った。年俸190万ドル(約2億1000万円)の2年契約

牧田は「無事に決まってホッとしてます。目標? 40、50、60…70試合投げられたら十分かなと思います」と満面の笑み。

緩いボールで大リーガー相手に バッタバッタ三振取れる気がしますが。 パドレス・牧田を地元紙が大解剖 三振率の低さが注目!? | baseballchannel.jp/mlb/42983/

▼ロッテから海外FAでメジャー挑戦の涌井秀章投手

1 2