1. まとめトップ

映画「ハッピーフライト」小ネタ・トリビア・裏話集!

2018年2月3日にフジテレビ系列土曜プレミアムで、映画「ハッピーフライト」が放送されます。100人以上への緻密な取材とANA全面協力で作られた矢口史靖監督作品。この映画の小ネタ・裏話をまとめました!

更新日: 2018年02月01日

4 お気に入り 87053 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

hukakiiyさん

▼土曜プレミアム(FNS)で映画「ハッピーフライト」が放送

▼あらすじ

毎日大勢の人々が出入りする巨大な空港。
機長昇格を目指す副操縦士、威圧感バリバリの機長、国際線デビューの新人CA、グランドスタッフ、管制官やオペレーション・コントロール・センター、整備士などがフライトに向けてそれぞれの準備を進めています。

様々な乗客たちを乗せたチャーター便は定刻通りにいざ離陸!このままホノルルまで快適な空の旅♪のはず…だった…のに!?涙と笑いと感動の空の旅が、いま始まる!

▼実は小ネタがいっぱい!

▼では紹介していきます!

◆コーパイって何?

副操縦士のこと。英語の「Co-Pilot」より

「今日の操縦は機長昇格訓練中のコーパイ鈴木君が担当します」

◆機長昇格のOJT

オン ザ ジョブ トレーニング 【on-the-job training】
仕事の現場で、業務に必要な知識や技術を習得させる研修。現任訓練。

「もう訓練始まってんだからね。じゃあ頑張って」

◆三本線と四本線

黒い上着の袖口とワイシャツの肩章に、機長には金色の線が4本、副操縦士には3本入っています。

機長昇格訓練中だった鈴木がエンドロールに着ているのは…

◆帽子は防止

機長の制帽にはつばのところに金色の刺繍がされています。副操縦士の制帽のつばは黒一色です。

◆綾瀬はるかのネイティブ方言

「お母さん!何でこんなとこにおるん?」

◆無線は誰でも聞ける

管制官とパイロットは航空無線を使用して話をしていますが、その内容は「エアバンドレシーバー」という無線機を使えば誰でも聞くことができます。
ただし、傍受した通信の内容を漏らしたり、窃用することは電波法で禁じられています。

◆オンタイム厳守!

[On Time]
出発予定時刻に飛行機が出発や到着すること

ゲート業務のグランドスタッフはオンタイムを厳守しなければなりません

1 2 3 4 5