1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

満月のフルコンボ!スーパーブルーブラッドムーンを観察する注意点

2018年1月31日の夜は月の満ち欠けを満喫できる「皆既月食」、月に2度の満月「ブルームーン」、通常より大きく見える「スーパームーン」そして赤胴色に見える「ブラッドムーン」のフルコンボが楽しめそう♪

更新日: 2018年02月01日

56 お気に入り 86152 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

夜が寒いだけに防寒対策をして望んでください。

nyokikeさん

▼2018年1月31日の夜は世にも珍しい満月が見れるそうな

【神秘的】1月31日の夜、3年ぶりの皆既月食 news.livedoor.com/article/detail… 部分食の始めから終わりまで見ることができる好条件。肉眼でも十分観察できるとのことです。 pic.twitter.com/D17xfVDbRR

満月よりも大きく見える「スーパームーン」 満月が一月で2度起こることを「ブルームーン」 さらに月食のときに月が赤銅色を帯びる「ブラッドムーン」 この3つの現象が重なり 非常に珍しい現象となるのが「スーパー・ブルー・ブラッドム… twitter.com/i/web/status/9…

世界各地で31日、「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」が観測される見通しだ。満月が通常よりも大きく見える「スーパームーン」と、満月がひと月で2度起こることを指す「ブルームーン」、月食時に月が赤銅色を帯びる「ブラッドムーン」の3つが重なる非常に珍しい現象となる。

・どうして満月が赤胴色に見えるの?

1/31(水)全国で皆既月食が見られます。 満月が地球の影に完全に入り、赤銅色に見える現象です。 肉眼で観察できます。 全行程を見る時間がない方に特にお勧めは21:40〜22:00の皆既になる時の変化です。 写真は以前に撮影したも… twitter.com/i/web/status/9…

また、31日の満月は1月2日に続いて2回目の満月ですが、このように1か月の間に2回満月が起きるときの2回目の月を「ブルームーン」と呼ぶことがあるそうです(実際に月が青く見えるわけではありません)。今回は皆既月食で「赤いブルームーン」が見えることになります。

皆既月食が起こると、月の色は真っ黒ではなく赤黒い「赤銅(しゃくどう)色」に変化するが、米国では「Super Blue Blood Moon(青い血の色の月)」という不気味な名前で表現している。

皆既月食は、太陽、地球、月がまっすぐに並び、月全体が地球の影に入ることで起こります。普段は満月を照らしている太陽の光が、地球に遮られてしまうのですね。

そうすると太陽の光が届かず、月は真っ暗になりそうですが、なぜ赤く見えるのでしょう? それは、地球の大気に入った光が、屈折して、赤だけ月面に届くから。

▼今回の満月は通常よりも好条件

スーパームーンは月の軌道が地球に最も近接したときに満月が起きる現象で、普段よりも月が大きく見える。NASAは今回のスーパームーンについて、通常よりも14%明るくなると予想している。

今回の皆既月食は、どんなところが好条件かというと、
(1)満月が空高く昇る、冬の夜遅めの時間帯
(2)だけれども夜半前なので、あまり夜更かししなくて良い
(3)皆既月食の継続時間が1時間以上と長い
こと。

▼今回のスーパーブルーブラッドムーンの観察の注意点

月食は肉眼でも十分に観察できるが、双眼鏡や望遠鏡を使えば、より鮮明に変化が見える。部分食が始まる前や終わったあとには、月がうっすらとした地球の影の中に入って「半影(はんえい)食」と呼ばれる状態になる。肉眼ではわかりづらいが、露出を抑えて写真撮影するとバッチリわかる。

月や月食をきれいに撮影するコツは、露出やシャッター速度などを調整して取り入れる光の量を上手くコントロールすることです。部分食の時は明るくつぶれやすいので光量を少なくし、反対に皆既食の時は暗すぎるので多くの光を取り入れるようにします。

屋外で観測する場合には、フリースやダウン、ニットキャップなど暖かい服装が必要です。1月31日の最低気温は千代田区で0度。該当時間の気温は0度前後になる可能性も高く、場所によっては氷点下で推移する恐れもありますので、膝下まであるダウンのベンチコートなどがいいかもしれません。

・寒さ対策の参考になりそう…

インナーを重ねて、セーターも着て…と着込んでも、外気の冷たさに身を固くしてしまうことがあります。 そんなとき、体の『首』がつくところを温かくしてみてください。首のつく部位は、家でいえば、入り口にあたる部分。冷気の入り口を温めれば、… twitter.com/i/web/status/9…

・南東の空に注目!

【ほしぞら情報】2018年1月31日の夜に皆既月食が起こります。東南東の空で20時48分にかけ始め、21時51分に南東の空で皆既食となります。この月食は日本全国で観察することができます。寒い季節ですが、防寒対策をしっかりして観察し… twitter.com/i/web/status/9…

・何時くらいに見れるの?

1/31(水)全国で皆既月食が見られます。 20:48 欠け始め 21:51 皆既(完全に隠れ赤く見える)の始まり 23:08 皆既の終わり 24:11 丸い形に戻る (写真は以前の皆既月食で、数分毎の月の様子を合成したものです) pic.twitter.com/EPCroAnBJF

2015年4月4日にあった前回はわずか12分間で終わってしまったが、今回は午後8時48分の欠け始めから、完全に欠けるのが午後9時51分まで。皆既月食が1時間17分続いたのち、午後11時8分に輝きが戻り始め、真夜中を過ぎた午前0時12分に元の丸い月の形となるため、ゆっくり冬の天文ショーが楽しめるはずだ。

米航空宇宙局(NASA)によると、北米やアラスカ、ハワイでは31日の日の出前にこの現象を観測できる見通し。中東やアジア、ロシア東部、オーストラリア、ニュージーランドでは31日の月の出のあたりの時間帯に見ることができそうだ。

【今月末は、全国で皆既月食!】 前回2015年の継続時間わずか12分間でしたが、今回はなんと1時間17分ものあいだ楽しむことができます。 太平洋側ほど観測のチャンスですよ〜!! weathernews.jp/s/topics/20180… pic.twitter.com/b2CpXZ7FR7

1 2