1. まとめトップ

中身が無くても存在感は変わらない。『昔の香水瓶デザイン』が秀逸です

香水を使い切ってもいつまでも手元に置いておきたい。どれも個性的で集めたくなる気持ちも良く分かります。

更新日: 2018年02月01日

10 お気に入り 7056 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

香水を使い切ってもいつまでも手元に置いておきたい。どれも個性的で集めたくなる気持ちも良く分かります。

jetwskyさん

■『Le Roy Soleil』■

サルバドール・ダリ作 フランス スキャパレリー社 1946年
スキャパレリー社の依頼を受けてダリがデザインした香水瓶で、製作はバカラ社。

■『1950年製品 スキャパレリのデザイン』■

Vintage Commercial Perfume Bottle Zut by Schiaparelli c1950

Schiaparelliのヴィンテージ香水です。
モード界のシュルレアリストとして有名なスキャパレリ。

■『アールデコの香水瓶 by Marcel Franck』■

evocativesynthesis: Vaporisateur art deco Marcel Franck)

■『ゲラン社のシャリマー』■

a vintage 1970s guerlain shalimar extrait pure parfum 30 ml perfume 1 oz approx 2835 g dark color -… twitter.com/i/web/status/9…

ゲラン社のシャリマー、大変古い香水瓶になります。今では入手しにくい、ガラスオンリーの蓋のシリーズになります。

高さは 約14センチ。

■『バカラ』■

エンパイアの24金の金彩が施された香水瓶というのも市場ではみることの少ない希少の逸品です。有名なバカラ社の最高級シリーズ『エンパイア』には、バカラを代表するアルクールシリーズにナポレオン時代のアンピール(Empire)模様の金彩をあしらった豪華なデザインですが、今回ご紹介するこの香水瓶はこの金彩模様がアルクールのシリーズではないものの施されているという大変珍しいものです。

この金彩のあしらわれたエンパイアシリーズは、1917年にバチカンで使用するために法王ベネディクト15世に選ばれた価値あるシリーズです。このアンピール模様の金彩がこのようなアルクールシリーズ以外の香水瓶のデザインに用いられていたのは、当時のオーダー品であったことに間違いないでしょう。

・底面にバカラのサインあり、そのことから1936年以降の商品と推測されます。

オールドバカラのモデル:エグランチエ(Eglantier) 野ばらの香水瓶

世界中にコレクターがいる、大変有名なモデル
今では製造されていない被せガラスのエッチングが大変特徴的
バカラの古いカタログにも掲載

■『bourjoisの香水』■

ブルボンでもお馴染みbourjoisの香水になります1951年のramage bourjoisの香水パルファンですケース付きで香水も少し残っています。ボトルサイズは高さ11センチ位になります

■『フェントン社 1940年製¥』■

Fenton French Opalescent Hobnail Glass 1940s Vintage Perfume Bottle

1 2 3