1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

悲惨すぎる…「ながら運転」は厳禁!インドで36人が死亡する事故

ながら運転の危険性を再認識させられる事故がインドで発生しました。

更新日: 2018年01月30日

5 お気に入り 18582 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける記事を参考に作成しています。

■まず「ながら運転」とは

ながら運転(ながらうんてん)とは、スマートフォンの操作をはじめとした、運転以外の行為をしながら車両の運転をすること

人間は同時に複数の行動を正しく取ることは難しいため、交通事故を引き起こす可能性を高める。

平成28年(2016年)中、「ながらスマホ」などが原因となる交通事故の件数は、1,999件。平成23年(2011年)の1,280件と比べて約1.6倍に増加

改正道路交通法案では、携帯電話などの操作により交通の危険を生じさせた場合の罰則が、現在の「3月以下の懲役または5万円以下の罰金」から、「1年以下の懲役または30万円以下の罰金」へと引き上げられる

直接交通の危険を生じない、つまり事故を起こしていない場合でも、現在の「5万円以下の罰金」から「6月以下の懲役または10万円以下の罰金」に厳罰化されます。

この動きの背景には、近年のスマホの“ながら運転”による事故の大きな増加がある。平成23年は1557件だったが、平成28年には2628件と、5年で1000件以上も増えている

■そんな「ながら運転」の怖さを物語る事故がインドで起きた

インド東部でバスが橋から川へ転落し、36人が死亡しました。バスの運転手は携帯電話で通話していて、片手で運転していました

バスが橋のガードレールに衝突し、12メートル下の川に転落した。初動捜査と目撃者らの情報によると、他の車を追い越そうとしたバスがコントロールを失ったという。

救出された乗客によると、運転手は携帯で通話しながら片手で運転し、乗客らの抗議にかかわらず通話をやめなかったという。

運転手は走行中に携帯電話で通話していて、乗客がやめるよう注意しても片手での運転を続けていた

対向車のトラックを避けようとしたバスが誤って橋の欄干を突き破り、川へと転落しました

救出作業の遅れに不満を持った住民らが、警察車両に放火する騒ぎもあったという。

■ながら運転に対するみんなの声

ながら運転は絶対に許せない。 ながら運転をして実際に人をひいてるんだから、いいことはひとつもない。

携帯ながら運転する奴は許せないな。歩きスマホとかは割とどうでもよい。ぶつかっても死なないし

スマホ片手に運転するなよ!誰か轢いちまったらどうするんだ!スマホ片手にフラフラ歩くなよ!轢かれたって文句言えねーぞ!

右手でハンドル&スマホ持って、左手(指)で画面スクロールしててスマホガン見しながら運転してる奴いたときはほんと怖すぎたな

インドもそうだが「ながら運転」 というのが世界で定着してきている 勿論、「煽り運転」も定着してる。 法律的に厳しい罰則を設けなければ この ながら運転 や ながらスマホ は 増える一方だ。 twitter.com/tv_asahi_news/…

■日本でも、昨年末ながら運転による5人の死傷事故が起きた

滋賀県多賀町の名神高速道路で昨年11月、5台が絡み5人が死傷した多重追突事故

同県彦根市消防本部によると、乗用車1台が全焼したほか、大型トラックの一部などが燃え、1人が死亡した

滋賀県警高速隊によると、現場は多賀サービスエリア(多賀町)の近く。この事故の影響で午前11時10分から、名神下り線彦根インターチェンジ(IC)-八日市IC間で通行止めとなった。

1 2