1. まとめトップ

大人気の乃木坂46の舞台の”まとめ”

実際に観劇した乃木坂46の関連舞台をまとめました。素晴らしい舞台ばかりでした。

更新日: 2018年03月07日

0 お気に入り 7540 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

舞台の観劇が趣味で年間10作品程度観に行くのですが、最近、乃木坂46関連の舞台にはまりました。アイドルの舞台なんて・・・と思うかもしれませんが、すごいんです。想像以上に感動して泣ける舞台が多いんです。実際に観劇した乃木坂46関連舞台をまとめました。

ドウドウさん

■ 2018年6月「モーツァルト!」生田絵梨花

6月1日のチケットが取れたので、観劇予定です。帝国劇場の本格的なミュージカルを楽しみにしています。でも、山崎育三郎が観たかった・・・
その他の情報が入り次第、記事を更新していく予定です。

乃木坂46の生田絵梨花さんと木下晴香さんが「ダンスはやめられない」を生歌唱 ミュージカル「モーツァルト!」の製作発表会見場からの速報動画です! #乃木坂46 #生田絵梨花 #モーツァルト#木下晴香 pic.twitter.com/PZNiHOEAIc

■2018年2月「三人姉妹」衛藤美彩・伊藤純菜・久保史緒里

2月2日に観劇しました。最前列の真ん中の席で役者さんの顔がはっきり見えて、乃木坂ってやっぱり綺麗だと改めて思いました。
「思い通りにならない人生。それでも生きていく」中年には刺さる内容でした。
そして、伊藤純菜さんの存在感、演技力、色気がずば抜けていたのが印象的でした。舞台映えのする人ですね。数年後に大女優になっているかもしれません。乃木坂での活躍場は少ない方ですが、舞台経験も多く、大きな舞台を踏めば大化けしそうな風格がありました。生田絵梨花、生駒里奈に続く可能性を見られたことが良かったです。今後の楽しみが増えました。次回作も必ず観に行こうと思います。

2018年1月17日(水)~2月4日(日)上演

『三人姉妹』は、ロシアの文豪アントン・チェーホフの四大戯曲の1つ。モスクワへの帰郷を夢見ながら、理想と現実の間で揺れ動く姉妹の姿を描く。
長女のオリガを1期生の衛藤美彩が、次女のマーシャを2期生の伊藤純奈が、三女のイリーナを3期生の久保史緒里が演じる。

本日は、赤澤ムックさん演出 舞台「三人姉妹」を銀座・博品館劇場 で観劇。 難しい芝居だと思いますが、演者が生き生きと演じていて、とても楽しめました。 カーテンコールが計3回。最後はスタンディングオベーション!! pic.twitter.com/OWIg1dfdaW

舞台「三人姉妹」観てきた! すっごく良かった〜 演技上手すぎるし、何より可愛くて綺麗すぎた✨ 残りの公演も頑張って欲しい! #三人姉妹 #乃木坂46 #衛藤美彩 #伊藤純奈 #久保史緒里 pic.twitter.com/Hx1F4TyxO9

3人の堂々たる姿は圧巻でした。 美彩先輩の存在感・安心感、純奈のオーラ、久保ちゃんの無垢感、どれも想像超えてた。 特に純奈は更に凄みを増してたように感じました。凛とした声は舞台に本当に合いますね。 気が早いけど、次はどんな役をす… twitter.com/i/web/status/9…

三人姉妹、昼公演鑑賞してきました。 人生を考えさせられる内容でした。 ロシアの作家の作品ということもあってか、BGMで使われているチャイコフスキーの交響曲が、このタイミングでこのセレクトかぁと感心する事もあったりしました。… twitter.com/i/web/status/9…

<舞台#6>「#三人姉妹」 心、動くことこそ「生きる」こと。 舞台となった当時の時代背景から共感はしにくい少し難しかったけれど生きているを凄く考えさせられて面白かった。 主演の三人姉妹、他の役者の表情豊かな演技に引きこまれつつ本当… twitter.com/i/web/status/9…

■2017年8月「モマの火星探検記」生駒里奈

モマの火星探検記は、2回観劇しましたが、素晴らしい舞台でした。
少年社中は、マンガで言えば「少年ジャンプ」のような劇団で、少年漫画の主人公っぽいと言われる生駒里奈さんがハマっていて素晴らしかったです。
少年社中は初めて観たのですがファンになりました。まさに”繋がってる”ですね。
ブルーレイを購入しました。

モマの上映会キター♪ ■「モマの火星探検記」アフタートーク付スクリーン上映会が決定! ■出演:矢崎広・生駒ちゃん(東京のみ)・鈴木勝吾・井俣太良・毛利亘宏 ■日程・2月18日(日) nogizaka46.com/smph/news/2018… pic.twitter.com/tQkwRl0MOB

東京 2017年8月9日(水)~13日(日)
大阪 2017年8月19日(土)・20日(日)上演

本作は宇宙飛行士の毛利衛が手がけた同名の児童文学を原作に、少年社中が2012年に初演。父との約束を果たすために人類初の火星探検に挑むモマと、宇宙で行方不明になった父親にメッセージを送ろうとロケットを作るユーリの2人の物語が描かれる。

モマを軸とした物語では、個性豊かな宇宙飛行士たちが登場。矢崎広は、宇宙へと旅立つ前に恋人にフラれ周りからネタにされてしまうモマをコミカルに演じ、一方で火星に向かいながら“生きる意味”について考え続けるモマのシリアスな一面を細やかな演技で表現した。対する生駒里奈は、母親に咎められつつも仲間たちとロケット作りに明け暮れる、天真爛漫な少女・ユーリを真っ直ぐに演じた。

この舞台で印象に残ったセリフは、「宇宙の境界線はどこにあると思う?」と「全部繋がってるんだ!」。“おじさん”がユーリに投げかけた「宇宙の境界線はどこにあると思う?」の答えはぜひ舞台で確かめてもらいたい。
大楽ももう迎えたから再演を願うしかないんだけども、DVDが2018年3月に発売される予定!

モマの火星探検記東京千秋楽観てきました。 笑いもあり、泣く所もあるけど、それを全部含めて楽しかったヾ(o≧∀≦o)ノ゙これから大阪公演観に行く方はハンカチ持って行く事をお勧め致します☺ 少年社中は、スゴいなぁって思ったし、やっぱり毛利さんの作る世界観がスゴく大好き♪ヽ(´▽`)/

モマの火星探検記、観劇終了。すごく良い舞台でした ヒロインの生駒里奈ちゃんが愛らしかった…そしてメインの矢崎広さんほかキャストみなさんが素敵なので、こちらのアカウントでもおすすめします 東京は終わりましたが、次の週末は大阪で4公演… twitter.com/i/web/status/8…

1 2 3 4