1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

akitokineさん

睡眠美容とは・・

睡眠をとることで、肌が昼間受けた様々なダメージ(紫外線・ストレス・汚れた空気)の修復を図り、新しい細胞が作られると言われています。いきいきとした肌を保つには、睡眠が重要な要素の一つなのです。

シンデレラタイム

夜10時~深夜2時は、「シンデレラタイム」といわれ肌にとって大切な時間です。この時間は、成長ホルモンの分泌が高まり、肌がもっとも活発に生まれかわると言われています。その時間帯に質の良い睡眠をとることが美肌のルールといわれています。
ただ、現代社会でこれを実践するのは、なかなか困難です。現代で考えると、深夜0時から0時半までに寝るようにすればいいでしょう。
また、就寝時刻を一定させることも大切です。
毎日ベッドに入る時間が異なるのは、体内時計を乱すのでよくありません。
成長ホルモンは、体内時計の影響を大いに受けていますから、寝る時間が毎日異なると、スムーズに分泌されなくなってしまうのです。
毎日遅くとも深夜0時半までの、同じ時間に寝るようにすると、肌の状態もよくなってくることでしょう。

睡眠不足だと・・

眠り初めの3時間は成長ホルモンが分泌されるため、お肌のターンオーバーが活発になるとても重要な時間帯です。質の悪い睡眠は、お肌の代謝を低下させてしまい、いつまでも古い角質が残った状態がつづきます。

肌はごわごわしたり、カサカサしたり、見た目も触り心地も悪くなってしまいます。さらに、代謝がうまく機能しないとメラニンを除去できず、シミにつながる可能性もあるのです。

睡眠不足が慢性化すると、本格的な不眠に陥ることもあり、美容はもちろん、健康にも大きな影響を与えてしまいます。できるだけ充分な睡眠を心がけて、美しさを保ちましょう!

睡眠不足が続くと体の中はこのままでは危険!と判断してグレリンという食欲を高めるホルモンを分泌して睡眠不足による体へのダメージを修復しようとしてしまいます。

睡眠美容の方法とは!

寝る3時間前までには食事を済ます

就寝3時前までに食事を済ませておく

食事を摂れば、体は消化しようとエネルギーを燃やします。もし、寝る時間にまだ消化中だったらどうなるでしょう?本来、睡眠時間に消費されるカロリーが後回しになり、寝ている間に脂肪を吸収することになってしまいます。

つまり、就寝時間には食べ物の消化が終わっている状態がベスト。寝る3時間前までには食事を済ませおくよう心がけたいですね。

質の良い睡眠を心がける

質の良い眠りは正しい生活習慣からです。なるべく決まった時間に就寝、起床するということが大事ですし、それが、

メラトニンをしっかり分泌する
体内時計を正常化する

決まった時間に寝る

ホルモン分泌には体内時計も関与しますから、寝る時間が不規則だったり眠りが浅かったりすると、睡眠中に分泌されるはずの成長ホルモンが十分に分泌されず、肌の生まれ変わりがうまく行われなくなってしまいます。そのため、毎日決まった時間に眠りにつくことも大切といえます。

少しでも質の良い睡眠をとる為に寝る 1 時間くらい前から部屋を暗くすると良いでしょう。

安眠効果でぐっすり寝る

寝る前に安眠効果のあると言われているハーブティーなどを飲むようにして、コーヒーや紅茶などのカフェインの入った飲み物を避けると脳を刺激しすぎないので睡眠に入りやすくなります。

また、ハーブティーは心を落ち着かせてくれるブレンドのものもあるので、1日の心のデトックスをしながら睡眠に入ることができますよ。

入浴は・・

温まった体温が下がる時に眠気を感じるようになるので、就寝したい時間に合わせて足湯やお風呂に入るようにしましょう。お湯の温度は、心も体も心地よくほぐれる40度くらいがおすすめです。

スキンケア

睡眠中は血流量が増加します。これはリラックスすることで副交感神経が優位になるため。血流に乗って栄養(主に成長ホルモン)が全身の隅々に送られるため、肌はもちろんのこと、様々な部分の調子を整えてくれるのです。このチャンスタイムを活用しない手はありません。寝る前に、基礎化粧品による肌全体のお手入れはもちろんのこと、目尻や口周りといったデリケートな部分にたっぷりと美容成分を塗って寝ると良いでしょう。

まとめ

最近、お肌が荒れ気味だとお悩みの方は、ぜひしっかり睡眠をとり成長ホルモンを分泌させて、お肌の調子を整えてあげましょう。

1