1. まとめトップ

Bitcoinの行き付く先を考えてみた【仮想通貨の現実】

仮想通貨に我々が見出すべき価値は、希少性ではなく汎用性である。

更新日: 2018年01月31日

1 お気に入り 3186 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

マウントゴックスのビットコイン消失。そして先日のコインチェックによるNEMの流出。素人ながら仮想通過のこれからの利用について考えてみたのです。

そもそも仮想通過とは何なの?

『世の中は猫も杓子もビットコイン』と数日前まで言っていました。仮想通過が儲かるらしいと、テレビに出ている芸人も言っていたくらいです。しかしながら、指をくわえて見ているだけの人たちが山のようにいたのも現実です。いまとなっては『わからなくてよかった・・・』と安堵している人もいるでしょう。

法定通貨に対して特定の国家による価値の保証を持たない通貨のこと。ビットコインに代表される、暗号理論を用いて電子的に発行される通貨(=暗号通貨)が広く知られている。

説明されてもわけがわからない。

電子マネーと仮想通貨は何が違うかと言うと、Suica電子マネーの単位はあくまで『円』。円やドルの代替手段でしかないのに対し、ビットコインの単位は『BTC』。

たぶんこういうことだ。
仮想通貨というのは、『仮想の国に流通しているお金に似た価値のあるもので、貨幣と同じようにモノと交換することができるもの』である。

既存の『円』や『ドル』などの通貨との差は?

円やドルに価値があるのは、みんなが価値があると信じてるからです。最近よく耳にする【信用=お金】がまさに本質です。円やドルは国が発行してますよね?みんなは国に対して信用があるから、価値が生まれてるんですね。

ではなんでそんなにみんなが仮想通貨を信用するのか?

1.誰も偽造・改変出来ない
2.特定の国や人の支配を受けない
3・有限である

仮想通貨の基本的な原理は、難しすぎるので理解するのは諦めます。上記の3点が担保されているため、何となく皆が『なんか、純金に似てね?』という感じで仮想通貨を信用し始めます。仮想通貨の特性上、個人間の受け渡しが非常に簡単であるという点と、手数料が安いので送金には便利であることが売りとなり、爆発的に普及していくことになります。

筆者はどの時点で仮想通貨を知っていたのか?

毎日2時間以上はネットを巡回するほどドップリと漬かっている筆者は、仮想通貨はかなり以前から知っていました。ビットコインを考案したと言われているサトシナカモトの話も知っていましたし、マウントゴックスの事件が起きた時には『手を出さなくてよかった』と本気で思ったものです。
世の中には『200万円が1億5000万円になった』なんていう、それこそ億万長者になった人も話も聞きます。しかしながら私にはその勝負は、当時を振り返っても絶対にできませんでした。株はいくらか持っていますが、仮想通貨の値動きを見るにつけ『危うい流行』であると判断していました。
だってそうでしょう。本来の目的である”取引”という目的には使用される気配がなく、投機目的の材料になってしまっているんですから。ほとんど先物取引と一緒です。基本的には実体の無いものを信用していませんので、仮想通貨はもうしばらく見です。

仮想通貨の価値について

ここからは引用はせずに私の思っていることだけを書こうと思います。仮想通貨についてですが、皆が『仮想通貨ってなに?』という状況から『仮想通貨怖い』という印象に変わりつつあります。自分の財産の一部を仮想通貨に置き換えてもいいと、正直今の時点では思うことなんでできないのが人間というものではないでしょうか。
しかしながら、仮想通貨は一定の社会的地位を築くことになると思います。例えばポイントカードと同じような感覚で、一部のお店では提示すれば決済できる世の中は数年後に来るでしょう。しかしながら価値でいうと不安定すぎるので、わたしはビットコインで給与を貰うのは絶対に嫌です。通貨で支払った時におつりをビットコインで貰う程度であればいいんじゃないかなと思いますが。

人にとって価値のあるものはそれぞれです。取引によって利益を生み出そうとするのは皆が当たり前のようにやっていますので、ビットコインでお金を稼ごうと頑張るのもやぶさかではないのです。しかしながら実体がなく、正体を全て把握していないようなモノに大金を投じるのは危険以外の何物でもありません。

日曜の朝の番組でダウンタウンの松本さんが仮想通貨で大きく利益を出していると言っていましたが、ビットコインから縁の遠いようなお笑い芸人辺りが『ビットコインは儲かるらしいで』といい始めたら市場は飽和状態であると思ったほうがいいでしょう。バブルは弾けて仮想通貨の本来の価値にまで値を下げたところで、ようやくその使用価値が出てくるのではないでしょうか。

今は希少性にスポットが当たりがちですが、汎用性に大きな価値を見出せば仮想通貨は便利で役に立つものになるはずです。

ただ、悪い人に瞬間的に奪われてしまうようなふざけたモノならば、それは子供のオモチャ程度でしかないでしょう。半永久的に存続できるようなシステムでなければ、信用には至りませんね。そしてAIが叫ばれる中、機械的な世の中がこれからいつまで続くでしょうか。その辺を想像しながら、自分にとって意味のある生き方を選択していきたいものです。

おしまい

1