1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

これで冬を乗り切れる!色々な「寒さ対策」がめっちゃ参考になる

今年の冬は例年以上に寒くなっています。そんな寒い冬を乗り切るための「寒さ対策」をご紹介します。

更新日: 2018年01月31日

58 お気に入り 58784 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける記事を心掛けています。

■今季の冬はとにかく寒い

厳しい寒さの続く日本列島ですが、2月に入ってもまだまだ寒さとの闘いが続きそうです。広く低温や大雪に関する異常天候早期警戒情報が発表されています。

数年に1度の非常に強い寒気が流れ込んでいる影響で、新潟県や東北の山沿いではこの24時間に70センチ近い雪が降って大雪となっている

1月25日のニュースです。

東京では最低気温が氷点下4度と、48年ぶりの厳しい寒さとなった他、北海道では氷点下31.3度を記録

同じく25日のニュースです。

こんな寒さをぶっ飛ばす「寒さ対策」をご紹介!

■「激アツカイロ」がめっちゃ役立つ

注目を集めているのが、桐灰化学が昨年9月に新発売した「めっちゃ熱いカイロ!マグマ」

スタンダードタイプのカイロの最高温度が65度なのに対しマグマは73度。平均温度はスタンダードタイプの51度に対して61度

使った感じは「桐灰カイロ マグマ」の方が明らかに熱く、冬の厳しい寒さの中で長時間冷気にさらされるときに重宝しそうです。

めっちゃ熱いカイロ?「マグマ」 すぐには熱くならなかったけど…14時間位熱かった… 恐れ入った…「マグマ」! 一日中 屋外時はこれやな! #カイロ「マグマ」 pic.twitter.com/RDrrzsFhJ1

@toki___ 謳い文句に嘘はないです(⌯¤̴̶̷̀ω¤̴̶̷́)✧ カイロが必要な際は是非マグマを!!

■貼るタイプのカイロは「貼る場所」に注意する

風邪予防には背中の「風門」といわれるツボの位置にカイロを貼るのが良いとのこと。背中の中心からやや上といった場所にある「風門」

肩甲骨の間です。

カイロを貼るのも効果的。お腹側ではなく、腰の中央からやや下がったところにある仙骨に貼ると、手足を含む全身を温められます。

3つ目はお腹です。おへそから指2本分くらい下のところに「丹田」と「気海」と呼ばれるツボがあります。身体の幹とも言われる場所で、太い血管が集中しているため全身を温めるのに効果的

■白湯を飲むという方法も◎

朝起きたら、まず食事の前にマグカップ1杯の白湯(何もまぜない湯)を1杯飲みましょう。腸のなかを白湯で温めることによって腸内活動が活発になり、体がポカポカします。

冬にやっているのは「朝から晩まで白湯を飲み続ける」です。これで体調はすごく改善されました。

アーユルヴェーダでも、「白湯は消化力を上げ、毒素を溶かす最高の飲み物」として、既に5000年も前から紹介されている

防寒対策に効果的な飲み物として“ココア”が登場。ココアに含まれるポリフェノールは体を温める効果がある

ココアと言えば、忘れてならないのが「カカオポリフェノール」。血行促進作用があり、脂肪の燃焼を促進させてくれます。

ココアに含まれる"テオブロミン"は、末梢の血管を拡張する効果があり、血流をよくすることに役立つ

1 2