1. まとめトップ

グーグルクロームでフラッシュが表示されない時の対処法

グーグルクロームでは、デフォルトでフラッシュの使用が制限されています。フラッシュを使える設定にする方法を詳しく丁寧に説明します。なぜフラッシュが使えないのかも解説。

更新日: 2018年02月01日

4 お気に入り 2917 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

CROIX_さん

なぜ、フラッシュが使えないのか

また、クロームユーザーのフラッシュ使用率も2014年では80%でしたが、2017年には17%まで落ち込みました。
それに伴い、クロームも段階的にフラッシュを廃止しています。

フラッシュは安全面での不安もあり、iPhoneでもデフォルトでは使用できませんし、ウェブサイトなども、フラッシュよりもハイテクで安全な他の技術に移行しています。

以上の理由などにより、現在の仕様になったようです。

それでも、フラッシュを使ったコンテンツを公開しているサイトはまだあります。
そんなフラッシュをグーグルクロームで使えるようにする方法を3パターン紹介します。

【パターン1】クリックして Adobe Flash Player を有効にします

フラッシュの範囲は表示されるけど、再生されないタイプ

フラッシュの範囲をクリックすると、
フラッシュを実行するか聞くダイアログが出るので、
「許可」を選択すれば表示されるようになる。

慌てなくても大丈夫。
アドレスバーの右に出るパズルのピースに×がかかれたアイコンを選択すると、
フラッシュについてのダイアログが出るので、「管理」を選択。

グーグルクロームの「設定」ページが開かれました。
ブロックの欄からブロックしたサイトのURLをみつけたら、
右端にある「…を縦にしたマーク」を選択。
「許可」に変更してください。

元のページに戻ると、表示されるようになっているはずです!

【パターン2】このサイトをご覧になるには、Flash Playerが必要です

フラッシュの範囲が表示されないので、クリックで有効に出来ません。

こちらの端末には Adobe Flash Player がインストールされていません。またはブラウザ設定により Adobe Flash Player が無効になっています。
ゲームをお楽しみいただくためには、下のボタンからダウンロードの上インストールをお願いいたします。

と書かれています。

adobeではなく、
Macromedia Flash Playerをダウンロードしろと表示される場合もあります。

このサイトをご覧になるには、JavaScriptおよびMacromedia Flash Player8以降が必要です。

お持ちでない場合はダウンロードしてからご利用ください。

※ソフトウエアのダウンロードは無料です。

と書かれています。
JavaScriptについては無視していいです。

Macromedia Flash Playerと書かれていますが、
Macromediaは2005年にAdobeに買収されて、
Adobe Flash Playerになっています。

つまり、比較的古いサイトのフラッシュで出る表示のようです。

また、JavaScriptもFlash Playerも入っているにも関わらず、前掲の表示が出てきます。

アドレスバーの左にある「○にiのマーク」を選択。
※httpsの場合、「緑色の錠前」になっています。

すると、サイトのダイアログが開きます。
Flashの欄右にある、「確認する」を
「このサイトでは常に許可」に変更してください。

再読み込みを求められるので、そのままリロードをすると、フラッシュが使えるようになっています。

【パターン3】フラッシュの項目がない

フラッシュの範囲も、Flash Playerが必要という警告文も出ないという稀なパターンの場合、
パターン2の方法を試そうとしても、ダイアログに「Flash」の項目自体が表示されません。

アドレスバーの左にある「○にiのマーク」(※httpsの場合、「緑色の錠前」)を選択しても、
Flashの項目がない場合があります。

その場合は、一番下にある「サイトの設定」を選択してください。

グーグルクロームの「設定」ページが開かれました。
Flashの欄の右端にある「確認(デフォルト)」を選択。
「許可」に変更してください。

元のページに戻ると、表示されるようになっているはずです!

サイトへのフラッシュの許可をあらかじめ設定する

ページを開いて一々設定するのは面倒だという方も多いと思います。
また、シークレット モードで設定した許可はウィンドウを閉じてしまうと、元に戻ってしまいます。

サイトのURLが分かっていれば、以下の方法でフラッシュを許可するサイトをあらかじめクロームに指定することができます。

アドレスバーの右にある「…を縦にしたマーク」を選択。

「設定(S)」を選ぶと、グーグルクロームの設定ページが開きます。

一番下までスクロールすると、
「詳細設定」というのが出てくるので開いてください。

プライバシーとセキュリティの欄にある
「コンテンツの設定」を選んでください。

「Flash」を選択してください。

許可の欄の右端にある
「追加」を選択すると、サイトの追加が出来ます。
URLを入力後、「追加」ボタンを押すと反映されます。

1