1. まとめトップ

『働き方改革」これからの働き方・考え方

高齢化問題、少子化問題など日本には現在問題がたくさんあります。不当労働、過労死、鬱による自殺など相次ぎました。2017年少子化などで働く人が減っていく対策の一つとして「働き方改革案」が話し合われた。少子化問題もありこれからどうなる?

更新日: 2018年04月10日

0 お気に入り 770 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

厚生労働省が2017年「働き方改革」について検討されてきました。大手の企業の残業、拘束されている時間がとても多く、サービズ残業もさせられる。しかし、一歩一歩働き方は変わっていくことでしょう。少子化の問題もあり日本としては考えるときが来たようです。

newzmapさん

先送りとなった働き方改革

本当に提案されている法律が正しいのか。再度検証することになった。
しかしながら、これから働き始める人たちにとって働き方はどんどん変わっていくことだと思います。

働き方改革とは:「一億総活躍社会」実現に向けた取り組み

国民がみな活躍できる社会。生き甲斐のある仕事を目指すということです。
時代が変わったのです。
通信が発達し、遠隔でも仕事ができる環境も考えられるということです。
少子化問題
高齢者100歳前後の人が2人に1人となる時代が来るかもしれないといわれています。

2017.8
多様な働き方を可能にする。
格差の固定化を回避し、成長と配分の好循環を実現する
****
働く人の立場や視点を考えて取り組むこと コレを実現化させる。

同一労働同一賃金など非正規雇用の処遇改善
る正規雇用労働者(無期雇用フルタイム労働者)と非正規雇用労働者(有期雇用労働者、パートタイム労働者、派遣労働者)の間の不合理な待遇差の解消を目指すものである。といわれている。同じ職場で働くのに格差を減らしてく方針のようです。

職務や能力等の明確化と公正な評価については、法制度のみでなく、年功ではなく能力で評価する人事システムを導入する企業への支援や、様々な仕事に求められる知識・能力・技術といった職業情報の提供、技能検定やジョブカード等による職業能力評価制度の整備などの関連施策と連携して推進を図っていく。

やりがいって?

自分がどう思うのか・・・・
●事故成長のための努力や楽しみを見つける
●この仕事や会社はとても楽しい
●働く意味や意義が分かる

裁量権

周りから環境はどう・・・・
●仕事の内容や割り振り
●拘束される時間、それにかかる時間
●人間関係

会社の方針 働き方

会社側はどう考えているのか・・・
長時間労働
定時勤務
フレックスタイムの導入
プレミアムフライデーなどの活用 有給など

ガイドライン案の概要

ライフワークバランス
① 基本給の均等・均衡待遇の確保
② 各種手当の均等・均衡待遇の確保
③ 福利厚生や教育訓練の均等・均衡待遇の確保
④ 派遣労働者の取扱い
⑤ 柔軟な働き方がしやすい環境整備
⑥ 女性・若者の人材育成など活躍しやすい環境整備
⑦ 病気の治療と仕事の両立

:::
⑧ 子育て・介護等と仕事の両立、障害者の就労
⑨ 雇用吸収力、付加価値の高い産業への転職・再就職支援
⑩ 誰にでもチャンスのある教育環境の整備
⑪ 高齢者の就業促進
⑫ 外国人材の受入れ
⑬ 10 年先の未来を見据えたロードマップ

改正事項の概要

① 労働者が司法判断を求める際の根拠となる規定の整備
② 労働者に対する待遇に関する説明の義務化
③ 行政による裁判外紛争解決手続の整備
上記①~③で言えること
 <1>同種業務の一般の労働者の賃金水準と同等以上であること。
 <2>派遣労働者のキャリア形成を前提に能力を適切に評価して賃金に反映させていくこと。
 <3>賃金以外の待遇について派遣元事業者に雇われている正規雇用労働者の待遇と比較して不合理でないこと。

労働者が受けている問題

(パワーハラスメント対策、メンタルヘルス対策)
労働者が健康に働くための職場環境の整備に必要なことは、労働時間管理の厳格化だけではない。上司や同僚との良好な人間関係づくりを併せて推進する。ということ

適応外の職種もある。時間をかけて適用することが必要。

(勤務間インターバル制度)
労働時間等の設定の改善に関する特別措置法 7を改正し、事業者は、前日の終業時刻と翌日の始業時刻の間に一定時間の休息の確保に努めなければならない。
(現行の適用除外等の取扱)
*自動車の運転業務については、現行制度では限度基準告示の適用除外とされている。
*建設事業については、限度基準告示の適用除外とされている。これに対し今回は、罰則付きの時間外労働規制の適用除外とせず、改正法の一般則の施行期日の5年後に、罰則付き上限規制の一般則を適用する。
*医師については、時間外労働規制の対象とするが、医師法に基づく応召義務等の特殊性を踏まえた対応が必要である。具体的には、改正法の施行期日の5年後を目途に規制を適用すること。
****
新技術、新商品等の研究開発の業務については、現行制度では適用除外とされている。これについては、専門的、科学的な知識、技術を有する者が従事する新技術、新商品等の研究開発の業務の特殊性が存在する。このため、医師による面接指導、代替休暇の付与など実効性のある健康確保措置を課すことを前提に、現行制度で対象となっている範囲を超えた職種に拡大することのないよう、その対象を明確化した上で適用除外とする。

働き方改革、施行を1年延期へ

厚生労働省は1月4日、22日召集の通常国会に提出する働き方改革関連法案の施行日を、現行方針の2019年4月から1年程度延期する検討に入った。国会では3月末までは予算案などの審議が優先され、法案の成立は早くても今年5月以降の見通し。このままでは成立から施行まで1年未満になるため「労使が制度改正に対応するには時間が不十分」と判断した。

中学入試の時事問題

1 2