1. まとめトップ

そのヌードには、秘密がある。「ヌード NUDE展」横浜美術館にて3月24日開幕!

西洋の芸術家にとって永遠のテーマでありながら、タブー視されがちであった「ヌード」。英国テートの大規模展覧会「ヌード展」が、2018年3月24日から横浜美術館にて開催されます。

更新日: 2018年03月07日

5 お気に入り 7013 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

2018年3月24日から横浜美術科館で開催される「ヌード NUDE」展についてまとめてみました。

今年の春、横浜美術館で「ヌード NUDE」展が開催される

テーマは「ヌード」。大理石像《接吻》が日本初公開。

楽しみだなぁ、横浜美術館のヌード展。 ロダンの接吻が直に見られるなんて!

横浜美術館のヌード展、ロダンの『接吻』が来るという…!行く!

2018年3月24日(土)~6月24日(日)に横浜美術館で開催。

ヌード――人間にとって最も身近といえるこのテーマに、西洋の芸術家たちは絶えず向き合い、挑み続けてきました。

ミレイ、レイトンをはじめ、ルノワール、ドガ、マティス、ロダン、そしてピカソ、ベーコン、ホックニーまで、名だたる芸術家たちが挑み続けたテーマ、"ヌード"。

美の象徴として、愛の表現として、また内面を映しだす表象として、ヌードはいつの時代においても永遠のテーマとしてあり続け、ときに批判や論争の対象にもなりました。

本展は英国・テートが誇る近現代美術コレクションから「ヌード」をテーマとした絵画、彫刻、版画、写真などを紹介します。日本初公開となるロダン彫刻で"最もエロティック"な大理石像《接吻》は必見です。

チラシやポスターは、ロダン「接吻」にぐっと迫ったデザインに

ヌード展のチラシ、作品がたくさん載ってて良い!見やすいし、読みやすいし、捨てずに取っておきたい。 twitter.com/nude2018/statu…

チラシはご覧になりましたか? ヌードの変遷がぐるっとひと目で分かるデザインに仕上がっています。 横浜美術館ほか、神奈川県や都内の美術館などでお目にかかれるかも。 #nude2018 pic.twitter.com/QV6atj81Gc

しおりが完成しました! しかも割引付です。 並べたら「ヌ」がゲシュタルト崩壊しました。 #nude2018 pic.twitter.com/FdtMTXx3m1

えっ、ヌード展・・・?!でも、行きたい人、急増中!

ヌード展すごく楽しみなんです。期待が高まる>RT ピカソの絵の説明、あ~なるほどな~、と。覆いかぶさる自分の青い影とか、そういう…。

わー、横浜美術館行ってみたいな♪ヌード展ですって///

ヌード展の見どころって何?

1.西洋の芸術家たちの裸体表現の軌跡を追う

西洋芸術の永遠のテーマの一つでもある「ヌード」。しかし、それを切り口とした大規模な展覧会は前例が多くありません。

人間にとって最も身近なテーマでありながら、同時にタブー視もされてきた「ヌード」。同展では、およそ200年にもおよぶヌードの歴史とともに、それにたえず向き合い続けてきた西洋芸術家の珠玉の作品を一挙紹介。

今回の展覧会のため、久しぶりにケネス・クラークの研究書『ザ・ヌード 理想的形態の研究』を読んでいます。

風景画の巨匠ターナー。彼のスケッチブックには、裸体の男女が描かれていました。その多くは、彼の名誉を守る目的で批評家達が処分したそうです。ヌード展では、いまに残る「幻」のヌードスケッチを展示します。 #ターナー bijutsutecho.com/news/11440/

1 2 3