1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

みんな空を見上げた…真冬の皆既月食に日本中が沸いた

2018年1月31日(水)、日本各地で皆既月食が観測され、多くの人が赤い月が欠けていく一部始終を目撃しました。

更新日: 2018年02月01日

18 お気に入り 38526 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

dat_naviさん

■約3年ぶりの皆既月食

満月が地球の影に入り、暗くなる皆既月食が31日夜、日本全国で起きた。

皆既月食は2015年4月4日以来、約3年ぶり。

月食は、太陽、地球、月が一直線に並んだ時に起きる。「皆既」の場合、太陽光が地球の大気で屈折、散乱して赤い光だけが届くため、月が赤黒い「赤銅(しゃくどう)色」に染まる。

今回の天体ショーを米航空宇宙局(NASA)は「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」と名付けており、米西部では夜明け前に、地球の影に隠れて赤く染まった月が観測。

皆既月食見たかったけど寒いから引きこもってました。お家の中かベランダから見れたらよかったのになぁ。。

■皆既月食開始

午後9時51分に皆既月食が始まり、東京スカイツリー(東京都墨田区)の周辺では、南東の空に浮かぶ月が、赤銅しゃくどう色と呼ばれる暗い赤色に変化する様子が見られた。

約1時間20分後の同11時8分から再び部分食となり、1日午前0時11分に終わった。

雲にさえぎられない地域では、影に隠れ暗くなった月に地球の大気の層で屈折したわずかな光が当たり「赤銅色」と呼ばれる赤黒い色の満月が観測。

国立天文台の石崎昌春・広報普及員は「10倍以下の倍率が低めの双眼鏡を使うと、手ぶれが小さく見やすい」と話す。

皆既月食見れたけどスマホじゃ撮れる気がしなかった。終わり。ねんねする。

■各地でも皆既月食に沸く

東京・六本木ヒルズ森タワーの屋上展望台「スカイデッキ」でも観測会が開かれ、多くの人が天体ショーを楽しんだ。

加古川市立少年自然の家(加古川市東神吉町天下原)では、午後8時から始まった観望会に約200人が集まり刻々と変わる天体ショーに見入った。

岡山県上空はうっすらと雲に覆われたが、倉敷市の瀬戸大橋たもとからは時折雲に隠れながらも次第に欠けていく月が見られた。

【皆既月食まであと少し21:50】鹿児島紫原。皆既月食になる直前の月を雲のすき間よりとらえることができました! 地球の陰になった部分が赤銅色をしているのがわかります(ゝω・) 月はそのまま雲の中へ隠れていきました pic.twitter.com/Y9zWCJW0Iw

■月が赤く見えたのはなぜ? 次に日本で見られるのはいつ?

国立天文台によると、月が赤く見えるのは、太陽の光が地球の大気の層を通る際に青い光が散乱し、赤い光だけが残って月面を照らすためという。

日本で見ることができる次の皆既月食は今年7月28日で、おおよそ東北より西の地方で見ることができる。

1 2