1. まとめトップ

プレ老化に注意!! 20代から始めるエイジングケア

20代からエイジングケアをするのは早いと思っている方も多いのでは?そんなことはありません。健康的できれいな肌を保つのでしたら、20代のうちからエイジングケアを行わなければなりません。

更新日: 2018年02月01日

7 お気に入り 7051 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

化粧品メーカーに勤務していた経験があります。

ncskhhdtさん

20代の中盤はお肌の曲がり角

20代の後半に入り、肌の調子がイマイチという方もいるのではないでしょうか?
実は、20代の中盤にお肌は曲がり角を迎えると言われています。

今後の肌を左右する20代後半だからこそ、これからの肌ケアは、エイジングケアも視野に入れながら取り組んでみましょう。

20代からエイジングケアをするのは早い!?そうお思いの方も多いでしょう。でも、実は20代から習慣づけておいたほうが後々後悔しません。20歳を過ぎると肌の新陳代謝が低下し始めて、そのまま下り坂に……。

どんなエイジングケアが必要なの?

20代から始めるエイジングケアをご紹介します。

紫外線は365日、絶えず降り注いでいます。肌老化のことを考えるのであれば、20代のうちでも、しっかり対策しておいた方が良いでしょう。

冬だからってUV対策しなくても大丈夫。と思っているのは大間違い!紫外線は年中、シミとかしわとかたるみの多くする最も多い原因です。

メイクの下地として、日焼け止めを塗ってあげるだけでも10年後のお肌が全然変わってきます。

スキンケアの基本である保湿ケア。エイジングケアを考慮するのであれば、20代の後半くらいから保湿力の高いコスメを使うのもオススメです。

年齢とともに、気になる肌。
それは、肌の水分が不足しているのが大きな原因です。同時に、新陳代謝も悪くなり、くすんだ肌色に。みずみずしく、ハリ・弾力のある若々しい肌を保つには、「蓄水力(高保湿力)」と「新しい細胞を作り出す再構築力(ターンオーバー)」が大切です。

ケチらずたっぷり使ってみましょう。たっぷりと肌にうるおいを与えて、さらに水分を閉じ込めることで、ふっくらとしたみずみずしい肌に出会えます。

食事で気を付けたいのは、糖分。近年は老化を早めると言われている「糖化」を阻止すること大切。
また運動することで、血行を促進することも忘れてはいけません。

「糖」は体の中でエネルギーに変えられますが、取りすぎは老化を早める原因になるので、糖分の取りすぎには注意しましょう!

おすすめは有酸素運動。筋肉にエネルギーと酸素をたっぷり供給することで、新陳代謝が活発になります。

エイジングケアは20代から取り入れよう!

20代のうちからしっかりとケアしていきましょう。
まずは、自分の身近なことから取り入れていくことが大切です。

1