1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

この記事は私がまとめました

nomado-kimocさん

文豪ストレイドッグス DEAD APPLE(デッドアップル)

劇場アニメ「文豪ストレイドッグス DEAD APPLE(デッドアップル)」の公開日が、2018年3月3日に決定。

中島敦や太宰治といった文豪が特殊な能力を持つという設定のコミックを原作にしたアニメの劇場版。架空の都市を舞台に、自身の能力を知った青年がとある探偵社の一員となり、自らを狙う者たちとの攻防を繰り広げる。

コミック原作の朝霧カフカと作画の春河35の協力のもと、アニメ版同様アニメーション制作のボンズ、監督の五十嵐卓哉、ボイスキャストの上村祐翔、宮野真守らが続投している。

「いつだって少年は、生きるために虎の爪をたてるんだ!」←これヤバイ あと主題歌で鳥肌立った 映画「文豪ストレイドッグス DEAD APPLE(デッドアップル)」予告 youtube.com/watch?v=2aGuX8…

映画ドラえもん のび太の宝島

『映画ドラえもん のび太の宝島』は「映画ドラえもん」シリーズ38作品目を迎える最新作。光り輝く大海やどこまでも広がる青い空、白い雲が印象的な"宝島"を舞台に物語が繰り広げられる。

人気俳優の大泉洋が、のび太たちを襲う海賊船の船長シルバーの声優を務める。監督はテレビ版の演出を手がけてきた今井一暁。脚本を「世界から猫が消えたなら」などで知られる映画プロデューサーで小説家の川村元気が担当。

@mane_peach 3月3日の土曜日わ私わ初めて『映画 ドラえもん のび太の宝島』を見に行くけど・・・ボッチで楽しむかヾ(≧▽≦)ノ❣❣ しかもドラえもんの映画を映画館で初鑑賞(。・ω・。)ノ♡

リメンバー・ミー

「トイ・ストーリー3」でアカデミー賞を受賞したリー・アンクリッチ監督が、陽気でカラフルな「死者たちの世界」を舞台に描いたピクサー・アニメーションの長編作品。

日本におけるお盆の風習にあたるメキシコの祝日「死者の日」を題材に、音楽を禁じられたギター少年ミゲルの冒険や家族との強い絆を、数々の謎と音楽を散りばめながら描く。

「リメンバー・ミー」IMAX上演すんの!!!マジか!絶対IMAXで観るよ!!

ボス・ベイビー

物語の主役は、黒いスーツに白いシャツ、ネクタイをビシッと締め、チャキチャキと歩く、なんともユニークな赤ちゃんのキャラクター“ボス・ベイビー”。全米ベストセラーとなったマーラ・フレイジーによる絵本「あかちゃん社長がやってきた」にインスパイアされ誕生した。

監督を務めるのは、『マダガスカル』シリーズのトム・マクグラス。またボス・ベイビーの声は『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』のアレック・ボールドウィン。

1 2