1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

期待大!今月発売の新作マンガまとめ!【2018年2月】

2018年2月に発売となった新作マンガの中で、オススメの作品をまとめました。(キャッチャー・イン・ザ・ライム、マグネット島通信、江波くんは生きるのがつらい、二月の勝者 ー絶対合格の教室ー、空に想う、8畳カーニバル、ぜっしゃか!、フルドライブ)

更新日: 2018年02月26日

22 お気に入り 16089 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

sryamaさん

◎『キャッチャー・イン・ザ・ライム』 背川昇

ネガティブでひっこみ思案、思ったことが口に出せない高辻皐月は噛み合わない毎日を過ごしてきた。しかし入学式、レンとアンズが披露したラップと出会ったことで、高校生活が少しずつ輝き出す。

キャッチャー・イン・ザ・ライム①読了。最の高。内向型・トランスジェンダー・団地出身などそれぞれ問題を抱えた少女たちが、ラップを通して内面を吐露していく様が心に刺さりまくって泣きそう。 pic.twitter.com/AqQTMfFr5B

先日購入した背川昇先生のキャッチャー・イン・ザ・ライムが面白かった!人と接するのが苦手な女子高生がラップに挑戦するというこの相反した題材をうまく調理してます。あと絵柄が可愛い。掘り出し物。

キャッチャー・イン・ザ・ライム めっちゃくちゃいいすね… ゆるふわjkとハードなヒップホップの明暗でみせるのかと思ったらゆるふわにハード秘めるというある意味とっても現代的なjk模様と漫画的緩急の切れ味にもうタジタジ…

◎『マグネット島通信』 伊藤正臣

タイ語翻訳家をしている本山田は、叔父の空き家を借り、都会から磁辺島へ移住することとなった。新しい生活に心踊らせていたところ、島の空から謎の金属片が落ちてきた。

マグネット島通信(1)/伊藤正臣 イチかバチかで買ったら当たった!主人公は後ろの男性なので手前の女の子が島を舞台にゆるゆるフワフワする萌えSF漫画ではないっす。ご安心を。 pic.twitter.com/Bh15ET9rAP

伊藤正臣『マグネット島通信』良い!のどかな島に引っ越してきた青年が拾った不思議な金属片。水中でいつまでも回り続けたり、吊るすといつまでもゆれ続けたり。興味を引かれた青年は金属片の収集を始める。平和な日常とささやかな謎が、ある日。

「マグネット島通信」読んでたら、ヒロインの離島の女の子がスタバには憧れてるけどブルーボトルコーヒーは存在すらも知らない、的な小ネタがあってふふってなった

◎『江波くんは生きるのがつらい』 藤田阿登

意気込んで入学した大学の文学部は女の園。文学を志す江波は、気が付けば一人、孤独に過ごす日々。私小説でのデビューを目論む彼は、物語のヒロインに相応しい運命の相手との出会いを求めて…!?

江波くんは生きるのがつらい 1巻 色々考える主人公。あの一瞬で結婚から離婚まで想像したのは笑う。すごいわ。疲れる、って本当にそう思う(笑)飲み会、続きがあるんかな?ドタキャン出来ると良いね。

江波くんは生きるのがつらい、待ちに待った単行本。最近フォワードの方で読めてなかったけど、やっぱりめっちゃ面白い。続きも楽しみ。 #きららフォワード pic.twitter.com/Cn5gO0Pn6r

江波くんは生きるのがつらいって漫画結構面白い。女の子も可愛い。

◎『二月の勝者 ー絶対合格の教室ー』 高瀬志帆

2020年の大学受験改革を目前に、激変する中学受験界に現れたのは生徒を第一志望校に絶対合格させる最強最悪の塾講師・黒木蔵人!

どこの本屋行っても欠品続きで楽天で手に入れた!#二月の勝者 それはそれは考えさせられる内容です。情報戦とはまさにこのこと!できればドラマ化してほしー!!

「二月の勝者」めっちゃ気になる。 ドラマとかになってほしい、いや、自分がプロデュース企画してドラマにしたい!!!みたいな作品! 自分が中学受験経験者だし、塾でも働いてたし。 やっぱり中学受験モチーフのフィクションは数あれど、塾講師に斬り込んだのはなかなかないよね。

◎『空に想う』 尾形和也

ひょんなことから祖父の代理で図書館館長を務めることになった文字が大嫌いな高校生・佐久良空太は、同級生・相持心結の提案で、とある秘密を共有することに…!

先週のサンデー読んでますが、尾形和也さんの「空に想う」すごく良かった、、絵が~コマ割りが~ 2ページ目が好き。10.11ページの見開きも。

尾形和也さん作「空に想う」の「一緒にしよう!」ってシーン、すごくよかった…!

サンデーの読み切りめっちゃいいぞ。「空に想う」尾形和也。よい。今後にめっちゃ期待したい。

1 2