1. まとめトップ

【東京の下町散歩】亀戸駅→亀戸ぎょうざ→亀戸天神社→東京スカイツリー

下町情緒を残す江東区、墨田区の観光名所の散策コース。B級グルメの餃子でランチの後、学問の神様を祀る神社にお参り。ラーメン二郎や地ビール工場に寄り道して、最後に東京ソラマチへ。お土産は老舗・船橋屋のくずもちを。梅や藤、菊などお花見の季節はデートや旅行に特におすすめ。アクセスはJR総武線、東武鉄道ほか。

更新日: 2018年04月30日

4 お気に入り 4650 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

mybkmさん

★mybkm作成のまとめ★
総合Index https://goo.gl/1xWtKR
東京・関東 https://goo.gl/RCfwqa

JR亀戸駅を出発して、①亀戸ぎょうざ→②亀戸天神社→③船橋屋(元祖くず餅)→④東京スカイツリー と巡る、約3kmのコースです

オプションで、”ガッツリ系ラーメン”や”地ビール工場の出来立てビール”を楽しめるプランを紹介しています。

【注】お店の営業時間、定休日、値段等はまとめ作成・編集時のものです。実際にご利用の際は、公式HP等で最新の情報を必ずご確認ください。また、グーグル地図の徒歩経路は必ずしも最短・最適ルートを示しているとは限らない点にご注意ください。

【出発】亀戸駅(JR総武線、東武鉄道亀戸線)

↓徒歩約2分(150m)

グーグル地図:https://goo.gl/maps/JBZTX1Y27au

【1】老舗の"亀戸ぎょうざ"でランチ

■路地裏の老舗。メニューは餃子(1皿250円)とお酒のみ。 ※錦糸町店にはチャーハンもあります。
■1人2皿がノルマ。タイミングを見て1皿づつ提供されます。
■老酒との相性がバツグン!

↓徒歩約12分(1.0km)

グーグル地図:https://goo.gl/maps/U5Z1vCgj2Pz

【2】亀戸天神社でお参り

■学問の神様・菅原道真が祀られています。
■境内で見ごたえのある花見が楽しめます。
①梅まつり
2月第2日曜日から3月第2日曜日
②藤まつり
4月25日から5月5日
③菊まつり
10月下旬から11月下旬

↓徒歩約3分(200m)

グーグル地図:https://goo.gl/maps/3Ykpyjm6U8x

【3】船橋屋で「元祖くずもち」のお土産を

■亀戸天神参道に文化2年(西暦1805年)に開店。元祖「くず餅(くずもち)」が名物。本店には「甘味喫茶室」を併設。

【HPの紹介文より】
”船橋屋のくず餅(くずもち)は、上質の小麦でんぷんを地下天然水で15ヶ月発酵精製し、ひとつひとつ丁寧に蒸し上げています。そして秘伝の黒糖蜜と香ばしいきな粉を加える事によって生まれる三位一体の絶妙な味わい。”

”くず餅の品質を支える重要な要素は、お餅の適度なやわらかさとしなやかな歯ざわりです。それを引き出すうえで欠かせないのが、乳酸菌です。船橋屋では、厳選した小麦粉の澱粉質を地下天然水を使用して15ヵ月もの間乳酸発酵し、じっくりと熟成します。そうして出来上がった最高品質の小麦澱粉は澄んだ乳白色でヨーグルトのような香りがします。”

↓徒歩約21分(2.1km)

グーグル地図:https://goo.gl/maps/xszLKPYZRE92

【4】東京スカイツリーで観光&ショッピング

■下町と老舗の雰囲気を満喫したら、最後は現代的な空間で〆を。

【展望室・有料】
・展望回廊(450m)
・展望デッキ(350m)。

【お買いもの】
・東京ソラマチ(ショッピングモール)

【食事】
・東京ソラマチ内
・押上・本所吾妻橋界隈の飲食店めぐり

【おまけ】食べ歩きたい人向けの”寄り道”案

【ビール好きなら】宮多麦酒

亀戸天神社・船橋屋~東京スカイツリー

【ガッツリ!ジロリアン】ラーメン二郎 亀戸店

亀戸餃子本店~亀戸天神社・船橋屋

【孤独のグルメに登場したお店】菜苑

1 2