1. まとめトップ

仮想通貨の仕手情報、仕手グループについて

仮想通貨(草コイン)の仕手情報、暴騰情報、仕手グループについてまとめました。

更新日: 2018年02月06日

0 お気に入り 8522 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

海外の仮想通貨取引所Binance、CoinExchange、Yobit、biboxで定期的に暴騰する草コインは、主にDiscordやTelegram、LINE等の仕手グループによるものとなります。本稿では仕手グループの情報を記載。被害に遭わないための予防策等を随時更新してまいります。

tyogepuriiiさん

仮想通貨の仕手とは?

仕手とは、基本的に株式投資にて使われてきた用語です。
特定の投資グループが意図的な相場操縦を行うことで利益を得る手法となります。

仕手コインとは?

仕手コインとは、上記に説明した仕手筋が介入している仮想通貨、または仕手筋の介入が示唆される仮想通貨のことだ。

これまでにも海外取引所のコインエクスチェンジで取扱われているXPなどが仕手が介入した代表的な仮想通貨(仕手コイン)として語られることが多い。

仮想通貨の仕手は法律で禁止されていないの?

株式投資の相場操縦行為は「10年以下の懲役及び3000万円以下の罰金」となりますが、仮想通貨の場合は法整備がまだ整っておらず、現状グレーゾーンとなっています。

どうやって仕手グループを探すの?

仮想通貨界隈では、数千人規模の「LINEグループ」「Discordグループ」「Telegramグループ」の主催者が、意図的に特定の通貨を購入させ、通貨の価格を暴騰(Pump)させています。

仕手グループは主に海外が主流

海外では仕手が人を集めて時価総額が低く値動きの穏やかな通貨を無作為に選び、そこへ大量の資金を投入することで瞬間的に値段を釣り上げるPumpグループが多数存在します。

仕手情報、仕手グループに関するコミュニティ

日本人が運営する仕手情報、仕手グループに関するコミュニティです。メンバーは2000人OVER。前述通り仕手グループは海外が主流のため、英語がわからない方が情報を得るために参加必須のコミュニティとなります。
https://discord.gg/HeZsZyJ

仕手が行われる取引所

CoinExchange(コインエクスチェンジ)の最大の特徴はアルトコイン専門の仮想通貨取引所という点です。
取引自体は以下の5つの仮想通貨建てで行います。
ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
イーサリアム・クラシック(ETC)
ライトコイン(LTC)
ドージコイン(DOGE)

このYobitは、世界で見ると取引高34位と大きな取引所とは言えませんが、他の取引所では扱っていない通貨を取り扱っていたり、独自のサービスがあったりと、少し他の取引所とは違った特色を持っています。

Biboxは操作性も分かりやすく日本の取引所では扱っていないアルトコインを多数扱っ ているため、ZaifやbitFlyerでの仮想通売買に慣れてきた人が次に使う取引所として おすすめしたい取引所です。

1 2