1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

4年ぶりの連ドラ主演‥二宮和也「ブラックペアン」に期待の声!

嵐の二宮和也が4月スタートのTBS日曜劇場「ブラックペアン」に主演することが発表された。ドラマ化もされた「チーム・バチスタの栄光」などで知られる海堂尊氏の同名小説シリーズが原作。ファンからは期待の声が相次いでいる。

更新日: 2018年02月03日

11 お気に入り 35408 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

嵐・二宮和也さんの4年ぶりの連ドラ主演が話題になっています。

karumaru0505さん

●嵐・二宮和也4年ぶりの連ドラ主演!

嵐の二宮和也(34)が、4月期のTBS系日曜劇場「ブラックペアン」(後9時)に主演することが1日、発表された

遂に情報解禁です✨ 海堂尊さん原作の『新装版 ブラックペアン1988』が、今年の4月の日曜劇場でドラマ化決定❗ 主演は、#嵐#二宮和也 さんです。ツイッターでも、続々と情報を出していきたいと思います。 皆さん、どうぞ応援宜しくお願いします❗ #tbs #ブラックペアン

●また、TBSの連ドラ出演は10年ぶり!

同局系スペシャルドラマ「天国で君に逢えたら」(09年)で精神科医を演じたことはあったが、外科医役は初挑戦となる。

「久々に連続ドラマに出演させていただきます。毎週見てくださる方々の感情を揺さぶれるよう、全力で行きます!」と気合いのコメント

●「ブラックペアン」とは?

[映画ニュース] 二宮和也、初の外科医役で新境地開拓!「ブラックペアン」でTBS連ドラ10年ぶり出演 eiga.com/l/W6Ydj pic.twitter.com/h4TLYHI0JM

天才的な手技(縫合技術)を持つ外科医・渡海征司郎が、嫉妬渦巻く大学病院に真っ向から立ち向かい、新技術導入を巡る様々な不正や隠された過去を暴いていく、痛快な医療エンターテインメント作品

●二宮和也さんは天才外科医を演じる

二宮演じる渡海は、皮肉屋で傲慢。大学病院にいながら出世に興味がなく万年ヒラの医局員という設定。

映画「母と暮せば」(16年)で日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞するなど、演技力に定評のある二宮にとっても新境地

手術成功率100%を誇るが、皮肉屋で傲慢な性格と行動が周囲と軋轢を生み、“オペ室の悪魔”とあだ名される厄介な男、という役どころに挑む。

●二宮さんの演技に期待‥!

初の外科医役を演じるにあたり、すでに手術見学などの事前勉強を始めているという二宮。

二宮は「僕自身はあまりダークヒーローという認識をしていませんでしたが(笑)、長期間渡海を預からせていただくので、役とじっくりと向き合いたいと思います」としている。

今回の主演に向け、二宮は「毎週観てくださる方々の感情を揺さぶれるよう、全力で行きます!」とコメントしている。

●このニュースが話題になっている

#ブラックペアン ああああニノが主演!!!楽しみ!医療ドラマ大好きオペ室の悪魔期待しかないわー

はぁ…やっと発表ですね(。´Д⊂) 楽しみー! にのちゃん、がんばってーーー! #ブラックペアン

1 2 3