1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ
14 お気に入り 77699 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ピュンマさん

▼声優初挑戦となった峯田和伸の能力に、麻生久美子もビックリ!

NHKの朝ドラ「ひよっこ」では有村架純の叔父役で人気を博し、2019年NHK大河ドラマ「いだてん ~東京オリムピック噺~」の出演が決まっている。

映画『ぼくの名前はズッキーニ』プレミア上映舞台あいさつが30日、東京都内で行われ、日本語吹き替え版で声優を務めたミュージシャン・俳優の峯田和伸と、女優の麻生久美子が登場した。

麻生は「峯田さんは、タイムコードぴったりに合わせて台詞を言うんです。私は口元を見て言う感じで、それはとても苦手なんですけど凄かったですよ」と初めての声優挑戦だった峯田の能力に驚いた様子。

続けて「峯田さんの声って独特だと思うんですが、すごく愛らしいズッキーニの声ができていて、かわいかった」とベタ褒めされた峯田は、喜びをかみしめていた。

▼綾瀬はるかの運動神経に、あの高橋大輔も絶賛!

女優の綾瀬はるかが18日、都内で行われた映画『今夜、ロマンス劇場で』ジャパンプレミアに登壇

気の強い王女を演じた綾瀬は「最近強い役が続いていたので、強すぎてしまわないように意識しました。王女ということで、オードリー・ヘプバーンのいろいろな作品をみて、歩き方や所作などをイメージしました」と役作りについて語る

綾瀬はるか(32歳)と、元フィギュアスケート選手の高橋大輔(31歳)が1月30日、「コカ・コーラ」平昌2018冬季オリンピック応援キャンペーンPRイベントに登壇。

スケートは、幼少期にスケートリンクで滑ったことがあるくらいというが、軽快な滑りを披露し、ターンや高橋とのポーズも決めた。

高橋は「狭いリンクなのに、すごいスピードを出して怖いもの知らずですね」と驚きの表情をみせていたが「でもフィギュアでは、怖いもの知らずというのは必要な素養なんです。体幹もしっかりしている」と綾瀬の運動神経を絶賛した。

▼朝ドラヒロインを務める永野芽郁に、佐藤健は「大スターになる」と太鼓判!

2018年度前期の連続テレビ小説『半分、青い。』(NHK)でヒロインを務めることが決定している清純派若手女優

NHK連続テレビ小説「半分、青い。」(月~土曜前8・0)でヒロインを務める女優、永野芽郁(18)が18日、幼なじみ役で共演する佐藤健(28)と東京・渋谷の同局で取材会を行った。

佐藤は「手応えを感じまくっております。本当に面白く、期待してもらって大丈夫です。撮影していて、永野さんはきっと大スターになるんだろうなと思った」と褒めちぎった。

続けて、「堂々としている感じとか、怖気づかない感じとか、ビッグな共演者といても自分をしっかり持っているし、自分のペースで芝居しているし、大物なんだなと思いました」と永野の凄さを語り、「熱弁!」と自分でツッコミ。

▼キムタクの気配りに、斎藤工もベタ惚れしたみたい

1 2